■パネリスト     ■モデレーター
●松岡正剛 ●山口裕美 ●米井裕一 ●佐々木雅幸

佐々木 この5年ほど、ヨーロッパの研究者と交流をしていまして、アメリカもそうですが、都市のクリエイティブなあり方について、非常に議論が盛んになってきています。やはり20世紀の都市というのは生産の場でした。とりわけ製造業を中心とした大量 生産が、都市を大規模に発展させてきました。これはまちがいのないところですが、早くも70年代、80年代から都市の内部で脱工業化が始まって、都市の中心部の空洞化が始まり、インナーシティー問題が、大都市では発生してきました。 しばらくしますと、その空洞化した都心から新しい動きが出てきて、その動きを全体としてクリエイティブな産業のあり方とか、あるいはクリエイティブなスペースなどと呼ぶようになったわけです。
 一番典型的なのは、例えば今、ニューヨークのソーホーの近く、シリコンアレーと呼んでいますが、マルチメディア系のネット系の小さなオフィスが集積しています。かつてニューヨークは製造業の集積の場でありまして、印刷業、出版業、ガーメント、ファッションアパレルなどの工場が集まっていました。60年代ぐらいまではその工場がニューヨークの経済を支えていたわけですが、そこが、しだいに南部や途上国に工場が動くことによって空洞化して、しだいに若いアーティストが勝手に住みはじめました。工場ですから天井も高いし、古くなっているから家賃も安いということで、まだ無名の失業者同然のアーティストには、住み良い空間でした。 そのときにニューヨーク市は、最初はアーティストを追い出そうとしました。しかし、途中から方針を変えて、つまりそこは物づくりの場でしたので、アーティストを住まわせるためには、アーティストも芸術を創造するクリエイターだからというように、粋な計らいで読み替えたのです。そして、そこに倉庫を改造して、ロフトで生活するという、新しいライフスタイルが非常に人々の関心を寄せ、さらにそこに集まったマルチメディア系のアーティストやコンピュータのコンテンツビジネスが、急激に発展してきました。
 こういうクリエイティブな都市空間の構造転換が起きたことがきっかけになって、あちらこちらで芸術、あるいは広い意味での文化というものが、都市の新たな経済のエンジンになってくれるという認識が高まってきました。そこから都市の再生における創造性というものを大事にしていこうという流れが定着してきました。そうした流れは、ヨーロッパでは1985年から、EUが毎年ヨーロッパの都市を1つ指定して、欧州文化都市、あるいは文化首都という事業を始めました。その際にも、ニューヨークの転換が話題になって、積極的に工場や学校、古くなった住宅などにアーティストが住んで自由な活動をして、そこから新しい創造産業が生まれるという良い循環に切り替えています。  そして寂れた都市、非常に治安が悪くなったインナーシティー問題を併わせて解決していこうと、こういう良い循環が生まれてくると、次々と都市は活力を回復するということです。芸術が持っている創造性が、産業のイノベーション、あるいは都市の再生というかたちに次々と波及していく、そういうプロセスに関して注目はずっと広まって、ヨーロッパでもそうした試みは行われています。
 日本でも考えてみますと、私どもは、金沢市民芸術村という非常にユニークな施設を手に入れました。かつての紡績工場が、市民参加型の新しい芸術創造の場に転換した。しかもそれは1日24時間、1年365日全く自由に使えるという、今までにない創造的な文化施設になったわけです。そうした数々の問題を考えてみますと、私は創造都市というのは、創造的な場をたくさん都市の中に持っている都市のことだと思います。今日は、創造的な場というものを都心の中にどういうかたちで作り出せるのかということが、1つのテーマになるだろうと思っています。

●山口 金沢市民芸術村には
私もお世話になりました。eAT金沢の時に会場として使わせていただいており、上手く作ってあるなあ、と行く度に感心します。私が「うらやましい、うらやましい」と連発すると、金沢に住んでいらっしゃる方はそれほどでもないような感じなので、まだ価値をよくわかっていらっしゃらない方が多いかもしれないと心配したりするくらいです。
  今日、持ってきた資料は金沢市民芸術村と共通するところがあるかもしれません。フランスのボルドー市にあるボルドー現代美術館が、10年くらい前にオープンしました。この建物は古い倉庫を改造したものです。その時のスライドをお見せしながらお話をしたいと思います。
(以下スライド併用)
 フランスは地方分権が進んでいますから、地方に個性ある美術館がたくさんあるのですが、ちょうどこの時は、ボルドー現代美術館がまだ開館したばかりで、開館記念展をしていました。今10年ほどたったところで、この美術館が非常に人気があるのはなぜかと言いますと、まず、パリからTGVで2時間ぐらいで程よい遠さである点が挙げられます。それでもちろんボルドーですから美味しいワインがあります。週末などに小旅行として出かけるのにちょうどよいのです。いわゆるホテルだけではなくて、オーベルジュと呼ばれているレストラン併設のプチホテルでオシャレなところも多いです。美術関係者も、どうせ行くなら1泊2日のリラックスした週末に行こうと、そういうことになるわけです。すぐ近くではない遠さが週末旅行として最適であり、美味しい料理とお酒がある、そういうことが大人の文化として機能しているのです。
この場所は繊維工場だったのを改造して、内装はアンドレ・プットマンという人気インテリアデザイナーの方が担当しました。開館記念の展示は、縞模様の作品で知られるダニエル・ビュレンヌというアーティストの作品です。 入り口の脇にミュージアムショップなどがあるのですが、この時にはアーティストのダニエル・ビュレンヌが全館を使っていて、いたるところに作品が出没するという展示をしているのでミュージアムショップにも作品があります。 廊下もこちら側から見る場合と反対側から見る場合では、まったく違う印象になるように作品が非常に上手く展示されています。 これは一番大きな展示ホールを鏡で斜めに敷き詰めて使って、非常にダイナミックなインスタレーションをしています。 こちらは常設展示のマリオ・メルツの作品です。屋上にあるスペースには、リチャード・ロングの作品があります。
 私が強調したいことはレストランです。このボルドー現代美術館の場合は、2タイプのレストランがあって、外の方は安い値段で飲み食いができます。こちらは内側にあるレストランで、割ときちんとしたレストランで、今はまだミシュランの星は貰っていないと思いますが、かなり腕のいい若手シェフを引き抜いて、このレストランを運営させているという状況です。良い作品があれば、会話が進みますので、美味しいレストランと美味しいお酒というのは絶対に必要だと思います。
 金沢には、これから金沢市美術館ができるわけですが、美術館の中にあるのが一番うれしいけれど、美術館の中が無理ならば、ぜひ周辺に、美味しい料理が食べられて、美味しいお酒が飲める、そういう場所があると、余韻があってすごく良いと思います。先程、控え室で先生たちと「美術館の近くには24時間営業のバーがあったらいいのに。」というお話をしていました。私は夜の美術館、夜の時間帯に美術館の近くの街に人が少なかったり、誰もいなくなってしまうのは、セキュリティーの面 からもよくないと思っておりまして、美術館の近くにみんなが溜まれるようなバーなどがあるとすごくいいのになあ、と長年思っているのです。美術館エリアがレストランやバーのあるエリアである方がにぎやかで良いし、文化的であると思うからです。金沢市美術館準備室にぜひ影響力のある方、発言権のある方は、ぜひそのようなこともやっていただきたいとここでぜひお願いしておきます。
 ちょうど1か月ほど前に、オーストラリアでゴールドコーストに行っていたのですが、そこに最近オープンしたホテルです。最初に私は「人に興味がある、そこでしか見られないもの、そこでしか会えないものに興味がある」と申し上げましたが、その究極のかたちがここです。今までは、ホテルといえば建築家が建ててインテリアはデザイナーが担当するということが多かったと思います。しかし、これは総てをデザイナーのジャンニ・ベルサーチがやっていまして、部屋の中はティッシュボックスから、ドアノブから、バスタブ、ベッド周り、廊下、レストラン、プールまで、何から何まで全部ベルサーチという、ゴールドコーストにできたばかりのパラッツイォ・ベルサーチ・ホテルです。
 けっこう宿泊値段が高めなので、世界中から集まるベルサーチファンやいわゆるセレブが多く集まるホテルになっているようです。行ってみて初めてわかったことですが、実はこのホテルの隣に限定で30戸作った別 荘があって、そちらはクルーザーの停泊もできるような豪華マンションとなっていて、その別 荘のビュー(眺め)がものすごいんですね。ゴールドコーストは一番の魅力は海で、そこから見える眺めとか、併設のレストランに美味しいシーフードがあるとか、値段に偽りなしの魅力があるようでした。オーストラリア料理には、あまり美味しいイメージがないかもしれませんが、最近、シェフが腕を上げていまして、とても美味しいイタリアンやフレンチを出すようなレストランが増えているのです。素材に恵まれているオーストラリアでは野菜やくだもの、牛肉や魚介類にも美味しいものがたくさんあります。ホテルが話題だったので、うっかり見過ごすところでしたが、ここの別 荘はなかなか素晴らしいものでした。
 さて、まとめになるかどうかわかりませんが、アーティストのことを話したいと思います。アーティストの発想というのは、非常におもしろいし、ピカソの「ゲルニカ」の逸話のように直感がものすごく強くて鋭いところを突いていたりするケースが数多くあると思います。しかし、日本の場合はアーティストのその素晴らしい発想が広く多くの人々に届かない。実は、マネージメントをする側に問題があるのです。マネージメントをする側がアーティストの考えを深く理解しなかったり、誤解したり、あるいは配慮しすぎるということがあったりして、本来なら非常にシンプルで面 白いアーティストの発想が上手く世の中に伝わっていない。そこが一番ネックになっているように思います。  その意味では、いろいろなイベントなり、プロジェクトが行なわれる時には、合意制ではなかなか面 白いものはできないと私は思っています。つまり、一人のディレクターに権限があって、その周りに何か助言できるブレーンがいてもいいとは思いますが、最後はそのディレクターが全部判断して決定するというシステムがあって、それで初めて個性のあるプロジェクトができるのではないかと思うのです。そのためには、アーティストのマネージメントの問題は大きい問題で、本来のアーティストの考えをねじ曲げるような方向ではなく、自分の作品が一番根源のところに届けることができ、気分よく仕事ができる環境が必要なのです。決して現代アートは難しくないし、大人でも子供でも楽しめるものが生活の近くにあることが大切だと実感しています。

●佐々木 それでは次に米井さんにお願いしたいと思います。先程、阪神大震災以降のNPOの高まりの中で、金沢でも青年会議所の有志の方が中心に、NPO支援のためのNPOに立ち上がったという、創造都市にふさわしいような試みがあるわけですが、いかがでしょうか。

●米井 今、山口さんがマネジメントとおっしゃった、私も結論はそう持っていきたいと思います。NPOの話もそうなのですが、開き直って全然違う話をします。私は非常にロックミュージックが好きで、ある程度年をとった方は覚えていらっしゃると思いますが、かつて金沢というのは、大物の外タレが来ていたのです。私が高校生ぐらいあたりまで、サンタナが来たり、ジェーベックが来たりしました。それがいつのころからか全然来なくなったなという話を友人としていました。
 福光さんがなぜフードピアを始めたかというと、天気予報を見たら金沢が出ていなくて、新潟が出ていることが気に入らないということで、そこから始まったのです。これと非常に同じような感覚で、新潟に来てなぜ金沢を飛ばして大阪に行くのかと、そこら辺を考えていまして、なぜ来ないのだろうという話をしていまた。結論が出なかったので、だれも呼ばないなら自分たちで呼べばいいのではないかという非常に単純な発想で、私は友達と2人でやってみました。
 それが3年ほど前の話で、たまたまある方と知り合いになれて、できたということが結論なのですが、結果 的に昨年の1月に、ミスタービッグというアメリカのバンドを呼ぶことができました。おそらく現役でそこそこ人気のあるバンドとしては、非常に久しぶりに金沢に来たのではないかなという気がします。こちらとしては非常に素人的な考えで、リスクを背負ってやったわけです。それで、これが終わってみてどうだったかと言いますと、いろいろな方にチケットをお売りして、ありがとうと感謝されるのですが、一言で言うとごちそうさまで終わりなのです。私は呼び屋ではないので、「ところで次はだれを呼んでくれるのですか」ということを言われても困るのです。本当の意図としては、要するに素人が実践してもできる場合があるということが言いたかったのです。こういうようにしたら、もしかしたら今までできなかったこともできるのではないかという可能性を提示したかったのですが、それがなかなか伝わりませんでした。ここが少しはがゆいところでした。実はそのときに、やはり自分がマネジメントする力が足りなかったのか、もう自己満足で終わってしまって、そこで安心してしまったのだろうかと、何かそういうことを非常に感じたのです。 当然その先陣を切って泥を被るということは非常に大事なことだと思います。できることならば、そこを助けてくれる、いわゆるエンジン役となるような、例えば金銭であったり、ノウハウであったり、人脈であったり、そこをサポートしてくれる人が必要です。たまたまそのときの私には近くにいました。ただ足りなかったことは、苦労を共有してくれる、また喜びを共有してくれる人をあまりたくさん作れなかったことが反省点です。自分としての1つのプロジェクトとするならば、それをマネジメントする力が自分にはなかったのかなと感じたしだいです。
 NPOに関して言いますと、やはり出始めで、そのときのノリで作ってしまったのです。そして法人化して、計算すると年間維持するだけで300〜400万円かかります。いったいこのお金をどうやって稼ごうかという課題が出てきたわけです。法人化する前、いろいろな方が、いろいろなフィールドでやっていました。自分の得意分野、自分の好きな分野でやったのですが、これを社会の中で組織として定着していくには、やはりマネジメントということが、今非常に課題になってくるのではないかなと思います。NPOのネットワーキングセンターも、やはり寄り合い状態であって、これはだれかが引っ張っていくということがあるのですが、そこで自分たちの組織というものが何かという話です。JCでもいろいろな事業を行いますが、一番注目するところは、事業目的を資料に書かせるのですが、たった3行で終わってしまうところですが、そこを何日間もかけてやるわけです。何のためにこれをしたのか、何のためにするのか、やはりどういうことであっても、今から新しいことを作るのであれば、なおさらその辺のところを十分議論していかなければいけないのではないかと思います。  そういう意味では、NPOの方々は、善意で行ってきたところもありますので、実はその辺の面 倒なことが、もう1つ違うものと一緒にくっついて行おうとしたときに、少しおざなりになったところがあったかもしれません。もちろん先の長い話なので、これから先、ぶつかってくる課題をこなしながら、そういったものを固めていく、そういったことがマネジメント力を付けていく1つの訓練になってくるのかなということを、非常に考えたしだいです。

●佐々木 芸術支援のマネジメントとか、あるいは町づくりのNPOのマネジメントとか、そういうものがいかに大事であるかという問題提起をいただきました。実は経営学の分野で、知識経営、ナレッジマネジメントということがはやっていまして、野中郁次郎という有名な先生がそれを提唱されています。野中先生の最近書かれているものなどを読んでいきますと、企業がリストラやリエンジニアリングでどんどん人材ばかりを切っていくということは、長期的に見れば、やはり企業の力を弱くするのだということです。むしろ今ある人材からどのように知恵を、あるいは創造的アイデアを引き出すか、そこにポイントを置いた知識経営ということでなければならないという問題提起をされています。その創造的アイディアとは、どういうときに出るかと言いますと、「創造する力は単に個人の内にあるのではなくて、個人と個人の関係、個人と環境の関係、すなわち場というものから生まれるのだ」と述べているのです。そういう点でいきますと、知識経営というものは、知識創造の場というものをたくさん持った企業が、長期的に見たら成功すると言われたのです。
 私は、企業はもちろん知識創造の場でなければいけない。だけど、企業に働いている人たちは都市に住んでいるので、都市そのものが創造の場でなければいけないのではないか、というかたちで創造都市論を言っているわけです。松岡さんは、アート、情報、あるいは企業問題に幅広く議論されていらっしゃいまして、創造都市、あるいは今出てきました創造の場、あるいは最近流行の文化資本などというような問題についても、ご意見をいただきたいと思います。

●松岡 今、マネジメントという話が出ましたが、3年ほど前に、「イメージとマネージ」という本を、最近オールジャパンのラグビーの監督を辞めた平尾誠二さんと2人で対談して作ったことがあります。何を2人で話したかと言いますと、マネジメントがあるならば、イメージメントというものもあっていいのではないか、結局は、イメージはマネージでないかということです。マネージのないイメージというのはできないし、またイメージなきマネージというものも全然おもしろくない。
 例えば、平尾さんは京都で同志社を出ているわけです。その前は伏見工高でも全国優勝を飾ったのですが、当時、全国優勝をとれなかった同志社を優勝に導いたときに、今、佐々木さんが言われた場というものを使った。ご存じのように、京都というのは碁盤の目でできていますので、ラグビーのグランドと大体相似形です。そうすると同志社の学生たちには、「おまえ東山通 りを走れよ」「千本通りから行け」「五条を上がってこい」というと、全体に常にわかるわけです。
 メタファーといえばメタファーなのです。ご存じようにラグビーというものは、前に投げてはいけないゲームですから、後ろに投げながら、全体として前に進む。情報という現在の社会的な言葉でいえば、情報が後ろに行きながら、全体が経営というか、何かが前に行く。イメージを後ろに持って行きながらマネージを前に持って行くというゲームです。そのときに全体が前に進むために、後ろにボールを投げるという混乱を越えて、ラグビーというものは成立しているわけです。例えばボールが次に動いたところにスペースができると、そこに人が行くわけですから、スペースは埋まってしまう。そこで、その次のところを空けるために、人がわざとそこへ走り込んでおく。ボールは後ろに行くので、走ろうとしている人に対して、敵から見ると、ボールの変化が起きるわけです。そういうことをいろいろ話しながら、イメージとマネージという話をしたことがあります。
 今、野中さんの知識マネジメントという話が出ました。知識というものが一種のリソースとして、人の中に属人的に潜んでいる。あるいはイメージというものが、通 貨やプライスとして取り出せないけれども、マネジメントの対象になったりするということが、野中案です。 野中さんの考え方には半分以上賛成だし、知識に付随して場面とか場所とか都市を見ることも重要です。あるいは会社を越えたところに、ナレッジというものがどういうように蓄積されて動くかということも大事だと思います。しかし、もう1つ別 の見方をしますと、そういうナレッジというものが、リソースとして、例えば金沢や京都という町、あるいは他の地方都市のようなところで再生されて価値を生むためには、一度小さな領域、あるいは小さなシステム、あるいは手に取れる、人々がそこで実際にさわれるような仕組みに1回落ちないと、ナレッジが経済価値に、あるいはイメージメントにならないのではないかと思っています。
 最近考えつつあるのは、「クラブ財」ということです。財には、いろいろな呼び方があるので、経済学的にクラブ財とは何かと言い出すと、少しややこしいので、ここでは小さなコミュニティがクラブを作って、そこで作り上げた財というように簡単に考えるとします。実際にヨーロッパでビール、ワイン、ダービー、競馬、パンとか、そういうものはあるクラブ社会がわりと閉じた状態で作っていて、日本でいうと地酒のような単位 で作り上げてきた財産なのです。それがある程度時間がたつことによって、いくつかのクラブ財は評判が出ます。
 しかし、それは数少ない人々の「おいしい、うまい」という評判です。先週新潟に行っていたのですが、新潟もすごいお酒をいっぱい持っている。それがある程度評判になってから、東京でも越乃寒梅を飲むようになったり、久保田を飲むようになったりする。そうすると本来のクラブ財、あるいはナレッジというものは、お酒でいえば杜氏のナレッジとか、水が持っている知、いろいろな人が持っているものが混ざって発酵して、お酒という新しい商品ブランドになっているのだと思いますが、そのプロセスでいったん閉じられる必要があるのです。
 それで、最近考え始めているクラブ財を、今日の21世紀社会の中にもう一度再生したらどうかと思っているのは、一言で言うと利休のような考え方をもう一度考えた方がいいのではないかということです。あれは、実際に茶席というものを小さくしました。実際に見るからに小さい4畳半とか、3畳台目とか、場合によっては1畳半ぐらいまで絞っていく。おまけにそこに入る人は、躙り口というところを通 って、大小の刀を外し、最初はきっと屈辱的だったと思いますが、頭を屈めてそこへ入って行くわけです。そういう状態で前を見ると床の間があって、床の間には掛け軸が掛かっていて、その前には花が置いてあるけれども、他に一切ない。ただお釜がしゃんしゃんしゃんとお湯を煮立てはじめているのです。 そうすると見るものは、掛け軸のメッセージとそれから季節を表している花だけです。まさにそれは、利休が「市中の山居」と呼んだように、都市そのものの縮小版だったのです。白玉 椿がたった一輪にしてあったりします。利休が秀吉に、「この夏は朝顔が大変素晴らしく咲いたので、どうぞ太閤様お越しいただきたい」と招く。太閤は、喜び勇んで朝の茶会に出かけてみたら、庭の朝顔は全部切られていて、何もなかったのです。それで頭にきた太閤が、利休はわざとわしに朝顔を見せないようにしていると怒り狂って躙り口から入ってみると、そこに一輪だけ、一番いい朝顔が床の間に生けてあったという有名なエピソードがあります。そのように都市全体をどこまでスモール化するかということを茶は行っているわけです。
 まず、知というもの、あるいは都市というものを拡張して考えないで、とりあえずまず逆サイズで考えるということが1つなのですが、ここまでクラブ財は関係ない話です。もう1つはそこで利休の場合は長次郎とか、名もなき陶工たちに、今の費用でいえば、数百円か千円ぐらいの値段で、素晴らしい焼き物を焼いてもらった。例えば長次郎の黒楽が、年間何回ぐらい使われたかという記録があるのですが、それを見ますとせいぜい10回ぐらいです。茶会に1年間使っているだけなのです。1回の茶会で、参加できる人間は、正客から御詰まで入れても、せいぜい5人、普通 は3人ぐらいです。仮に5人だとしても、年間50人しか黒楽を見てもいないわけです。
 ところがそこからがナレッジマネジメントだと私は思うのですが、躙り口から入って見た人は、そのわずかな中で「利休殿の茶会に招かれて拝見した黒楽というものは、あれはどうも不思議なものだ、おもしろいものだと思う。お主はご覧になったか」「いや、まだ見ていない」という言葉が次々に語られていくわけです。天正年間の記録を読みますと、大体1年後に利休はこれを売るのです。これがまた利休の経済学なのですが、もう大名たちは噂の中に入っていまして、今はボルドーとか、ソーホーの情報を佐々木さんが話すとか、山口さんが話されるとか、新聞、テレビで聞いているわけですが、まさに情報価値として、1年の間に十分価値が出てくるのです。大名たちに「この黒楽を譲りたいけれども、いくらでなら買いますか」と言うと、今の記録によりますと、だいたい1万倍から最大10万倍になっている。茶壺などはほぼ5万倍です。 私はそれがいいと言いたいわけではなくて、5万倍になるからすごいのではなくて、やはりナレッジとか、イメージとか、マネージというのは、あるとき籠もらせる必要があるのではないかということです。つまり拡張を必ずしもしなくてもいいのだということです。今は資本主義の時代で自由競争ですから、マーケット競争で安かろう、強かろう、うまかろう、これでやってきたわけですが、アメリカからバッシングされて、ソニーの盛田さんが文藝春秋に、「これだけ50年間やってきたことがなぜだめなのか、自分はわからない」と言って亡くなられましたが、やはりそれではないものが、まだ私たちの都市文化や、都市経済文化に残っているのだと思います。
 だとすれば、もう一度我々はアートにしろ、茶にしろ、酒にしろ、あるサイズに入れ直す。別 にスモールサイズとはいわないですが、都市、日本、市場ということは大きすぎるので、何をとってもスモールになっていくと思いますが、最も適切なサイズに置き直す。常に、金沢はいいサイズを持っていると思いますが、もっとそれよりもサイズを押し込めていって、かつ、そのものがある期間の中で、お酒の発酵のように醸し出せるそういうクラブ社会をまず作ることです。そのうち、その人たちの間で十分にその情報について感じられたところで市場に出す。そういうことをやってみるといいと思います。 ところで先程、竹村さんが「闇の中での対話」という話をなさったが、あれは実は私が最初にやり始めて、ドイツに移行して、いろいろ広まったエクササイズです。私はブラインドトークということを70年代に始めたのですが、暗闇で話していこうということです。 そのような知覚を変えてみるという問題も含めまして、竹村さんが大事だと言っているのは、やはりあれだけのことをしないと人間の知覚で本当に実感しているものは何か、奥の中で動いているものは何かわからないという意味だろうと思います。我々はコンビニとか、ユニクロだとか、ビームスでいろいろなものを買うことは、もちろん実感していないわけではないけれども、あまりにも早く自分の欲望と消費という間をつなげすぎている。ある意味では親指1発携帯主義のようなオンデマンドがすぐ出てしまうのです。  茶室とは言いませんし、暗闇とも言いませんが、何かそこである十分な選択力を持って、自分の体に入る時間と空間というものを設計できれば、それが金沢の創造都市になってほしいのですが、その設計されたものの中から必ずや意外な経済価値が生まれると思います。
 ただし、そこには最低3つの条件が必要だと思います。1つはロール、1つはツール、1つはルールです。やはりまずルールがないとだめだと思います。やはり成功しているところにはルールがある。景観条例というようなルールだけではなくて、遊び、文化経済をそのクラブとして楽しむためのルール、例えば着るものでも、喫煙のタイムでもいいですが、まずルールを作ることです。
 その次はロールです。役割がないと、経済文化というものは何も生まれない。どのようにして役割を人に分散させるかということです。やはりある経済文化に特化したロールというものが出てきた方がいいと思います。茶室でいえば、正客から御詰まで、あるいは半東がやることを決めた。関守の石が置いてあれば、そこで止まらなければいけないとか、あれだこれだと面 倒なことをいっぱい作ってありますが、あのようなルールというものが、経済とは実は裏腹であるように、ロールもあるのです。
 もう1つはツールです。やはり釜と床の間と花器、いい茶碗、お菓子、それに懐石。ここででき上がっているツールのすごさということは、いまだに続いているわけです。しかもヨーロッパのギャラリーや家屋と違って、床の間というものは、ある意味ではツールを掛けるには非常に限定された、変わった空間だと思います。と言うことは、パリにしても、ロンドンにしても、ベルギーにしても、招かれた家に、ものが掛かっていて、それが3年後に行って変わっているということはまずないのです。5年、10年たって行っても変わっていないことが普通 です。
 ところが日本の床の間というのは、ずっとあのような小さなところであるのに、常に掛け替えている。私は京都の呉服屋の育ちですが、季節ごとにずっと小さな床の間、3幅ぐらいは掛けられる大きさがありましたが、ずっと掛け替えていました。つまりメディアというものが、あるいはツールというものが完全に生き生きした状態で、茶室というものの中にはあったわけです。かつて利休が、天下人が出現して、戦国の世の中で、楽市楽座だって経済革命のあった瞬間に、信長の方針の裏をかくかのように、クラブ経済というか、クラブ社会を作って、ロール、ツール、ルールを立ち上げた。ただ利休だけが行ったのではなくて、村田珠光が行い、武野紹鴎が行い、次々に行ったうえで、利休が完成したわけですが、そういうあり方で都市に市中の山居と言いますか、全く新しいクラブ社会と経済ということを作る可能性には期待をしたいということです。 それがもしできると、次にドラマツルギー(作劇法)がいろいろ生まれてくると思いますが、その大きなものは格と破格だと思います。今、私は金沢には伝統文化があって、どういうような金沢の拡張というものがあって、そして先程の大雪のような破格の文化が、あるいは自然が訪れるのかよく知らないのですが、おそらく今、金沢が悩んでいるとすれば、格と破格がはっきりしていないことだと思います。 このクラブ社会の経済文化の仕組みのおもしろというものは、利休がいいかどうかは別 として、利休まで一旦頂点に登り詰めると、それが格になって、それの破格をする人が出てきます。例えば織部がそうです。楽茶碗長次郎は、ルネッサンスと同じように、丸い円形の茶碗のことです。けれども織部が出した茶碗は、歪み茶碗と言いまして、実際は轆轤ではなくて手捻りなのですが、手捻りが失敗したかのようなものなのです。まさに失敗したのです。そして失敗したまま、炉に入れて、出してきたものなのです。ですから当時織部が出した、靴茶碗のような格好なので、それはひょうげものとか、そこないものと言って笑われた。
 しかし神谷宋湛という博多一の豪商が、その最初の茶会に招かれていて、それが「宋湛日記」という茶会記に残っているのですが、この織部殿のひょうげものの歪んだそこないものの茶碗というものは、時代を変えるかもしれないと書いているわけです。やはりそういうような経済文化のある型が絞られると、次々に破格が出て、新たなクラブ財になっていく。そういう可能性も今後は、このクラブ経済文化社会型からは出やすいのではないかなと思います。

金沢ラウンド誕生について
パネリストプロフィール
モデレータープロフィール
開会あいさつ
福光松太郎

プレゼンテーション
 水野一郎
 伊藤光男
 竹村真一
 米沢 寛
 金森千榮子
 市村次夫
 川勝平太
 小林忠雄
 大内 浩
 松岡正剛
 山口裕美  
 米井裕一
 佐々木雅幸
●セッション1
都心で実験してみたいこと
●セッション2
これから議論すべきテーマは何か
●セッション3
創造都市とは何か
 
全体会議のまとめ
委員長総括
実行準備委員会
じ[5-jッヤMォDャ篥ィeRnks)ウ\@oミovスJqイ.ゥロ)Ma韈qeサ迂t擇Z 8范セカ.f<#炊ユ{:!・聴z"`xk*=ッ]ヒ岡5}v鱸muァ[+| <(=慝[贇-Xヘ0ユ」ゥCUx,Y畭リIルEヤ凹フノラで 慓l[賻,タ+豕bァ6アga'5エ形ZzoQ゙ォ=ウYケxヘヲ「-#ナ弖ヤソ嫋D哘由卜6Yアz dD5'」QヨュXソしーロイア<レlVfウ25アoaSVVナfォgツ ル"嶺ゥタメzp_snZ輾ewロLQ有p<ヨcタ僉7セZn!Kマ畔c2目ャタ咫証9劾Ps袵チマV,ロ&ラ」ル)馳Gs P@揶ワレl9豌<ールハ(カZ%=ヒホks& 掲キ7[理波ツィ7o$タ DJ&vnT] ウ!v^gxAjKテ、%+u5ョェモ0]8@ゥ _]コyロ]iヨ迥゚ェH d?2>)s赱o;7) kS:マ.・:ハハ・ムケ魃シv7fル#スマゥユ%マa檳<ヌhサーム塹ノmj窒s*ナq軛%ハz。\-XQ%。キ>フヲャ!,| ォLマZウyケ0ホ\s「タオgAァ備メsオq{Pュ"コモ嶂北ウ9 X,濠mzWmSモE9ユasンrキ}娥,ャヘ-IルエリEムッ1コ*#豌ッ,(-遁侘h-_ーPカWrイ>W!C擂ラ>y佞Kf1オtADッ葮儷マ稀ナトモ(}`,5ャ V_*y迫J)%ィ脂zmOh n;]・拭颱芳U 續_3クoュE _]コyロ]iヨ迥゚イリK艙6/2[qヒ~mehW ナ゙オヲ*/Jエミナ#Lq(モkイ!ウ}_Q樓C レ磁ワル>エ|U゙」更ケ祭wィ5囓vTv+vk$lスn*3[ケXヘndキm囓3iィ天>cオ\8ユ鋸濕GチCl「8ルサヤ煽@オKヌn地オ_tfujCリ倖6椣モ({-ル遁沌TモJ6ヘwn=・フNホイハモJI=/:ハ kx%=レl6lョlUッニィ#Pュaj輛淆ネyコ$サ2; サ7カァツヌホホ<ヌ/フぼzQ_ホチk外蕈テカソf`餘|販 3WVヘサハU%ヨ・イg`ハ改R淆ヤャタ?)c@レ 鷄 M誕][ jメz]ヲ@$| キ7eGbキfソRFヒヨ筌5サ阜ヨ覓vルゥs6嚔5c;Uホ」更ケ遮wィ綏.cu]#ヘf・ミ[tチCl「8ルサヤ煽@脆W}4マゥR\)マェJモ像致h+コ徴*uアd弟 {+ル遁。フf "6-^リIムD!<[霓ー謄-ソ0・4bリクムx゚弄ロ 1l\hシ Xッ%」リ騫洶7>・*ョ箚Jィ 剋| L丗/タvNW Z_D@驕タ#カ-e芫線エァ屎「ラ&ツ,唐灯ノイHsユ2c ア躑チdxセィ・カ/エQフ橲gAスb輊‥eォ}Fコイu%なハ+-W嚶ubjK| 篤H\ソHオ貊R$ンfY纖カku(賤Q眠キAe>当ラtミ9P0o=&Cvk、OH粒[%i@TrKツmヲレ夸YG・洶蟐@RT [ムケ勿HワヨKル、イ、>ワ。fヒAHヨ"3[X%1\UI岻ャハnハカ‘k技3WゥsU.ce-ィ・\,サS+ィ5囎4ネニ」ュ 記ラfOf娥、醢藐ーホ豪レj2ユキゥ[6コ感fフh,ォイサムsaF=H8tUルp遙リ@ユソア@q3&uQl)lカHWゥ?e・cH}咯僅ヤ.dキo{サ.剪ンソ(゙リ塹榲6軽紗wa5ッr=4hユゥE`W#ヤv」ヘオ"hエ 貭叮キンBfOvWーュイ「 褪サユkー抬/bネマ$族ュコテーR゙ヒZ1、セフ滅セヘx+ ァQ゙校奏VtGj;ム娚.機ョXォ 鵠ス燕娶ツx ))fモaキ5囀カ」柚凱佻エ恒+ス棺a F搴チ^.Nサレ,l!hミ bケムga F}金W^ヤ6ツ砿レ*ぜ6エjリセムXヨUCー゚塹J/j,ヘf・MU墟ワ@鈬6 蝟u|_;マZハK レ-?!圸h6lu'fミワ#アMウmーオイ rミ゙s・X・dgナ/\:モ墹kア:r@{$vウミリネィ桙ムィヤO Z櫨サ エァxキゥw6ッY%ヘ95鶻@エ ウzU5ユアア{/ナ|育カ%ィ,V|ZSコFルホム鱧 Eォ|)Vj%ヘ^・スT嚏ウYゥ[U枡5f鶚ヘヲ」M[iヘ光ヤ、tス揀モモ: 靠佻A^オP:熙ミwV+ヨェソB=Tワz.鷓モs:48+ムェB]T ワyノW熙ミoV諢ッMSj?ルFミG5サ斯ホ|6k゚,何Ooウ穩・襾\」キスゥ 6{タニヤ鋤MG:カウ レhラS&tVF QX+JッQ脈mIコ}1?ハhアYケ!キO3國ッ「ーNY%O:.暖スa$踞0Dqセm0濘ヲwサ壥蔭ル8こDャ、ム ヌ`5オt``ォ Nv呆gゥ?v/%(aミャdアサ蟾2鍖N~RV條dリソヘョツF賊ホ琺 <ユさ茵オonQQfKV榲裁肖Ka偽ndチZW6Rd+ヤケ湟ヤG lワSsiク猩`+5 b59盤ーマェミ卩オアc「ツ~薫kOw.;Fhsク:z{q塹ヒ~セェ7ZアヤG壥Keミt尓(3Zヤ¢GヒX,ル+Ω@ne!t_リCヘnナォ礑ー&HマノLェ}/cKL 2塋Qレキカ sgー」cー袈Rq4潭prHァソ姆ツ漏ワ+#Z2ネ $モM~ア( 澗Hー!ァ満ム扮`・6X kニc]5ル輓鐔リルn![カム#。{JミF JローEス*GU3Yゥザ譁ホ%骭琶Nタ4,マルh'ト テラ|f~マZN7烈iィV残Abヲ.ツ謐[+ナV,==!Mイ^ヘV、<レn#sYア}ェ飢ニk5$jャメZリマ跛Q帽 カ、ンマjハ0Xルレ Xゥ ーケ」Vナ&澗アP Gfマaラe7b-謹U=ナ^k7*ケエ金Hロ栢ヨnUh X咸ルャワ素ミ/yDn*WケUヘィ,i ワエ貊2[6- ノ貶4〔nZuVn%j>5゙\ロニw99ル況ンヒ8ヨ先エカカ.3iーキ・fチ插ィGェMЫヨl]カホニ%后4w_濃lR堅ア*Msp'欖タGb6zキ5/贐q埒KオBヤゥェ轍fュヌツゥE],ヨlOhッーッ塹茅Wア9ャイスm/gRオヒE)Ξ gテヲオ珥ーラtォュィ^yツノc槍?eュWヘY誰d醢%sス=搖,レ3靈アU娥mv(3iーチ」^c_ゥaFヌhソー壥襟V9ト溝L: 汳儺^ヌ迄e5 」オol@賣ィpURq4潭prHァソ姆ツェンセFエd 拭Iァ奩b@0;Y ン$XN責KOhハラー メ,オタc1ョ夥カ. lxlキュロhュAjチ( ラ@I1(nタiツャGッM?ケ マノハ沒ーYッォァヲ・憖j)ヨ 尿ラツNkカ-&h:マフ%タ!yャ\pZチムa5閨塋^@1:懦4勣達Zャ;テッレyV*~Cヨルd@3S1^フ±/WサマK。mリt*「ノッ忿ア,・7オO`ヨO .R 婁/[イャクコ.ハ"Uセョ/f`餘|販 3WVヘサハU%ヨ・イg`ハ改R淆ヤャタ?)c@ヨエ 鷄 M誕][ jメz]ヲ@$| ョs歉コyロ]iヨ迥゚カコV>cオ\8ユ鋸Wz5b7U゙「<ヨj]ルQリュルッヤ卒クィヘn蘢5ケ吊カj\ヘヲ「@[tajHルEヤqウv@凄uス鋪IR:リ旨2Ivス菩ノlミ7モL%ツ暸<、ュ姪ゥ+f述p oP;カ4bリクキニ菌 :1l[なF>急カtbキナニ菌 1ロ胆ハ=掠Cs鶻ェ+,。zケ倡ツ弔y・AS0|Xフ]Y7サ94僚X\緬捩G( 'JPウh・L ")・ヤリ &リー蜜M'・レdGツ蘭vルvァレWQk5*i総G[,yョフヲヘ6姜マ嵬サIm{エヤeォoRカmuhヘ俤オfッR讙\ニハ[QJケリPWヤセ鏝*CJ=タgエ甲.」>)@eウ46E\ヤ匱ハフ樌ォa?5イロ拾ヘ 翔[b5l ゚リソユB@rケメ]リfヘnトヨェ--緬J5/銕エセ i/ウKアyコフ弥beモ2[キ[ロYウリfム1マuUリ踞0Dqセm0濘ヲw゚'・ア!= ヨはF}t``ォ ^v邦)@v[_ルッ| z!ヤt頽テ龠@ K=iニーサカ}ハ爺テ2[エMヘc/輛チ^S~ロ ロ+{[4ウa3fbモe~ンヨu〔ィォ5レ紛ゎ5.「モB鈑%[阮LiOQfヒa{V^c\.v|"Jーйp _7@Hp `ヨuEー答紀シ9ウヌs _kRホlオwJ こtムカb沒?'`ウ^ オ $ノ` Zミ壓~ヘ~コ fアラ マ;L@*殉v鱸muァ[+| i。ヨ(ンアl|キoヘぬ,Ri愛ヤウ叭モ``艨ヘ篠Vk蜷、i%L自Gm1w[モ恙ンヌツmケ蘰ケニ'續ュ-ァトaハ。限マk\ fー y@VI畠p S2[@ュt&w_6<゙G6h dM|  u捫h=#@<、O(ロ栗アヤョソワリJD#YG"Pラc゙ウx(r!g示ツイヤュ=EコテRミD$ヘチチ攪|!N>蝦u攸2ヲ惷ィMキ@i%ー3鰓EレIニ澳エェPV冶 -スfKh ワシ-楸"TエjラLlオラフ{蕎ul$貊bメo擦ャワツ{チラレニGヤウ-E:チ]メ ア唹Mヒ`!y9Sv 5牾ケツLゥミ5ーt@ヘbッ >v咀"v]ニVK2Yカワゥfォ2[イ濆゚h-ェ゚a5{脈レ!ノヤ惚]GZエオ!fラq埒襟Uレ承Wゥ8k4=賊=鯤,iスンX+キi'ツ証u\^ェヘエ゙ヲツセk6*3mヲUウレミ簽Mャシァt瞳&ィョ」虎H?!鬪~|.l拈 シqク=鰒譴_w斑、リタフカ~ヒ1J&喰社.・ヨVdeZ就cセ定ミ>Q・dc垈マui]險,|&ワI豕be@シ s:Z4ユア○@Xィ゚#Xァu哮_,ー-B5,H)'ャス濟メ=ノ-Xヌ撓煎O>@ィワbsTAワdラ<ルnワ組フヲB(ヌフp-I カ"m|ラbセubTホゥマD鯡スミ^OZIo6.siクヤヘ`-Hィ iー塢ツゥaoQヨk5#fミヲк[9オリGヘX-Mhオ鞏ゥ6レ4驃voIォj$ホzg%ウー嘛KQNjカ04Rヤm埒IZ*l"fォrン嬶-5$贇・р宍Yゥ6オ4トヨニsォLテh。ィ歙誇 」ユ鷄ヨ!&ホイフAミ,iy3ャKリ凵兄佰危U」_[峰Xメ9ェモィ$ミソ?i杆5゙ 滬ヨ鉦玄竜kィ6:g> S6C脳Jyャフ槝~」Z匈豕R6m5ヤヌ浅RェD:エAj フV郤4ル^t鴪ェ"ホPッ役」鰭ユg7J巷)怦"DSHR ネ r。ノ舟cモN_ヘ PsN(ソ@@@@@@@@@?@rs?ソ,「ハ「イ ノソC」xk%sヒ世瓩dヤォァサuォ ゚ょク貨d鐇サ7ミD-6洲トヲ鴨 6蟇ナ昧禁%ヤ8a5yア墜,'OJQゥ ハS"咒\オ2Iコォhょュ柱リ箆V5{{)`ケiエW%4Vリlムィ-V掻ト$゚ネD虔Kン+f孀イャ@フ0」モワ揺皺テォ[R6ス(3ニメ渕6ヨ忍モ巓5kh#ェォaWE 歓U[ (裄Qカラ.uW[ケ赳\スイJ{}X{理WケzT¶+尓撓@\サハL夊エモオメメ7^ヘV・lィフzク積ラ[蜆=Gツフ#%ロ椌ィウ5レ託ロ?憾6_6'4Qミテf7M郛虍ゥ-ン款ルl ミヤ副-FレキtユGィソ5レ盃Xh#)ワ&、轉s&ィヒコン ルッロョス*ハ・iン.lネNタ]( モェハ~倬サケ愁v+罨殿OVリ.b'ヘ=Zサコェ゚ヘM」ンリィンV鐚サSリェンK鐚サXリiユゥケ|ムソq ォoA=TサMw/圻6キQナ jUモ褝#`チ乂ツネ%ヘ齪サ「ッワィ8ォネ+「+?(チスンF」qT@ハr#ユ?(?ナ横Q#ラ ネTwmワチ(?0B*コ辞タ :灼ェ7jチhチpJv| ネ%ョ3f/第Mユツネ%頸b!!_| ネ%ニー+艙シSz解ネ% !"「| ス/喟;」縣s ィ6H.{rO^ス飮ト56 lIハ+ヤ誰t唔zQ揶Sl'k壑ラコ攫t擽。C悸<J'Juウノ;mカ{}セΡ框ュ楳''9鐺jEス/喟;」縻;2=s 勒Fル(ッRi9メI%FvMー攬bkg_kメV鰓vメr懺()ヨマ'リPカルセy豸R霸梍遑mノゥ=z}kラリ)アス/喟;」縣Ns ニ7ィ屓yュ楳''9鐺jF{rO^ス飮ト6'5ハlIハ+ヤ誰t哺zP揶Sl'k壑ラサ攜t擽。C悸<JgJ5ウノ;mカ{}セΡ| ス/喟;」縻@モヒs "ハヒ邱$ルャ@^p`ヲト悗スI$蹣、律リ6タvク億掉ッIロァIロJ9ハsタ「pァ[<歛Cカロgキロ:逧ルHy@xS梟Qカ、_ヒハ ルiリ弁鱗キンOn6エPワ塗」。vR詩遇mルIリIルウミKe7a#fマA庇Eレ(鶻ヒチアqイウー袖N@フhuリ。ユKーソォl1~ナェm[@ケ4vumlQヲフ0uアGェ預wVリ.aY~オJ]鹵蒋ヘカ6茖・._U 捜6.vaキロ/[S $ gォ・ォヌ}凌 a4ラ、yカ ナ祕ヘ洸ァ ・~ K嘶サQD,モぞ nトント 愼7啣 _V ケ對e>ハフdサ-]ア攜フ棔ゥャt(憶器F{ャ-姦エ0ン破#フナイ堂教oアv 冩@軛e;afノヘu洵ムGbハnヲュエ 6k1Xヤカ、=uァ・0uYー 媽?娥_、 h\ォ奥E柞友+{tRラシホユ5ネLタ顱モロオ_E@\リb x法 %舉 UCF猟ヘヌ#S 姶S1vコtマセ`ウJIM顋タg.┿@IPマ/-ハ{3「贍歎椀4^iミ ノ%,・ヌツハ」&ケ嶇^函Nラフ別∋ムサハ`'#77ン'd:sツd!l刄w@/| ヒ8&淦セ」4tヒ]ナウ迥[_・イホルュ:a26yヲ匹ラ・f5ヒ'-゙ュヘ襍XMァL&Eセ゚klケネFュmGゴメ [a%ク擁w{f;mタ6溥レ肉ウm槎;フ_ヲテ岶3P゚k&翻亢ヲテDク#マHホ若混サ発キフ'リrユ匠ヲォ插Mv#7Xnマ6#エoフイァ7堡チ并弌T6サJA諫涜-8慷M袁ッ晨Q・/チsD)ーネラ%楳($諡モa%セ@`BT | ヘ{ァ_ンW鐚サa夥ハ[NN0:S2Z, | ヘァK明Hロエ怖ュュ=ァd《)テMツオ紳5ハ&棯拌ム4、Cホ&无U傀M委N鶤qゥcヘコゥミウミQフ8ェ1偕。y囑カhキサ+レ5\eUミ~4[ヨ 任簾_"tレ6・ノ, uc鷦ゥ%^偲謐,ヤ脹aFmM))ラ9D5コゥ ヘ~ヲ -i9h」70m棔/ヨッョフ>・猟ゥ`'NXJ ィレヌYリコムサa3X{:U_tロ胃キ-レカナR嶢ゥタUオW{Hハmィヨv渾ミサV<ヨdァmWメ [l&ミMsR_W迷 オユn@ャ[FZAb「マYハ殃o8゚s鞁クニムHャチ2コ莞wイH^ic・2= ョ:CSlX,ー@e. `.セュ\bW]rハモl彷4JX稽カMマ)oZV7,:7.4QラaサHq」杲避 3_ 薩エ磆ッ、〔HVム6/UG゙撰冤 鐇Oi>ュ鎧ラhォョ゚ルpコc]tロN<ウ'1 j楜iイlノヌカー/Oユセ騙ニ/^ネゥgOwkR5ユ道6ヘ弱+F彩カフセテ6聯リ tjミGEmトk/,l3lエ鷽ムca5狄-从]歓カtb餮リ槇リUユチアV メヲ球リォム{aWF ^内]蒔 ]\`ス)pトケv戝」;)#ォ0y-鬯シvunW凜髫ナテlV熙リSユク モ5偽リュユGーァォtヲーUー」ォsbソU /L01[Cテaマeマbwu: モe EヤUBチlOlニ9ス$ハヤゥァピ鳬E枅゚Sサ,マ)フ{クO[・Azsq惟スヨ^・qыアw」`^メy{タRニ殕ヨー/ネTMχ?71.ニ晰゚MュゥS・."KC.マVセ"ニVj-ユゥゥLィオォ_R棯戲スF キEレオ)jゥ-E肚Dンソ"7P:染Q!h」ア}ェキj/ニ?_オVナ冊:キAz窟w:況jjRユX ヤツ ZラIカ寅マej1ヘdソJ鷁7F欒ニ"@、 Jコ|ソQLl-サ}ヤ離ツL橡燮]/アュD=6ウ_誘飫tェセ鮃コ)n[オ輟ぬoBァVユ]#)カXKBXYLBオ_H)mー單B` Eヘ9}_ホ[/ォラYカ徘6Qオ宍アu」vツ^ア_鮠晏、*惓訳殉0惚稽】dアイメBネK)卓タmxメ嫩e/ pkvPPルメ¥鰰ニ觧;モレSbT}^戞jセ粤E vエ %< ラネ繿!$<オtvサ蜚ヲ8フ h $ー ロl辨Rzキ,:8>鸚ニ掎レ.LI意5-エハs2[YCt、淙O0嫻F=キユ】~ッhェ@テル/qロコ・5v釣gz5瀲ッヘn=鰓懦ホウosノw」]ミ{ィス nレ蜒モiF]u*gM3オzマチメ犧ヲカ6ov)6Pチp係J/8y9゙9@-リッ< ヤb「_キ9ンメ柱<F寉テアsサリ~ン~+夬ハFlオや仍リ\ルカリ、ルJト0テーケウyアIイ引@トッ渣Q」cエ^ヤU「eオk゚ン6ア<ムCR,ロ M)b-輌e霽JEィPヨホ膃皋イヲケk3レ啗ヒbヌfa?eZ;モzj_lF鞦セ'」.$ }9s9タサZ渕zッ;wャs\&-モp[ィュ 7oマ%ャュu躑rコ5Jm瓩メ「Zミチホ?リaレ恨6\gw〈,2ハキy繦F/J稾Wラ墨vYニY舊\I:ト5ミgX凛普q$L>jォヤeォWRp.$延抖レ厳mjN| ト0モ・ツj6アヨv.エnリLヨホ柊ラン67E-ヒvシアTヲ!*p瀕U゙メ2嬲‐ァ.ユ5(タ)タUエ槿Iヲ@4&モ\ヤ臨%ーュu[セニ/チ鱒Xィウヨrァレ[ホ=ワタZ61エRナーーw$/4アメミラュ!ァカ,X 2ーeu懶cニ0ラaサHq」杲避 3] Fエ磆ッ、オリ,6ノニ`a」D0o%Hニロdワ靖・crテ」~粤E\i bT}迷ホ乍ニナ/・竇*キ\.俎]カモO(ャノLHァナgャ園,2qセャ モo魴ヒuw_zhンケ@ムKBリ.ヅア龍&憊リy驕Kシn05dP5[リ・セw(ョ7イz`Rッwー(鳬KdZl<ケエ/ムテrC「アュ杭蠻ラ6lv&vSチzzR 6;)狄9qvス幅}嘲艶^梍セ&テFヘ>トニハヒ鶸 -レ7n$エRヒjヘ艤ウ0 Y6堙已@` `) ヤh与^`Dタ ィソコ*ki ・エ「3駘LmRリョンOハ`黥モコリ0ヌv6 1vyニf,9才際Xレ jコリR| 鮠 畳T犲l潸_鯤Law匣%@@"セZメモユウォa*vケ!ムシィ1"@t[pZ ネI@ \號9q:・-験キi*^・|ニトワ y&\メiゥヨチJd>麥フTf@X(柚aヘw00vN遙 ah・ケmムサq& ユ2タ^`Tミ ィ泅*ki ・エ「;ノ,6ミKe#a'fモA-範撥M6S5h」ゥKeァbWf_b゚u?クレヘ~茆E キh:杯oヤ_ウp m歟゚eka'f咀ノニカ証]ユオアGェ'レ>ツュュTタケ?カユオSl/レリ。ノニカュェ嫗wVヨナ.Qュア-溜叫Iユヨ>ヒ諷0zkナコ<ロV捜G6.vaキ犹<&袱ェ0<_+n」mハ : Kッ「Oハ6;姶S1xコフlマセ`モJIMコo.┿IHO.-ハ 婀k「2ロ\: C#伐&ヘ蘭@|i゚ハ6]ヤmォwATz空]ゥGU2淆^^;-fソR>サg]ヘ累貨エ/ル欣9呻9YlOobッ6;:エ5%fネ-ヤル$スム`w*J iンtォヤイソ>ャァ謐ァア{ツドaテul2陟 nッU&ツ椚ュ喜}蛟巛ユWーァォWbオヒムカユMクムGrェウaォu R・]>_ュ@(リOf+b」u]。nKbァu1。v_aァVヲ褫Fト&ュュ゚フ0カリNム誼ヒE濬ハ誼サッZタ5(iEQャカテb鞠[aシ2レ啓/l&=OユCー勠bミ0ツレ~ェ[@ケナvZカ(wUzン{ケ詮/;3サ}0\ネu{{( サ7巡ヘ6+ワGh。ア〒wv7RサカスDH蹴&ケ6モ4[リVム傭ィ3メル&ナV宮 レ2よ央Pムa[F刈\ヒサq[5!ァヤs夬Hョオェ クィマキWfシ靂タ褻泗\慊@Q_トr轡H~フヨナケィ袿゙Lエ寒タ\モ縊サZ.+hニ ?o」\エy9Rs#ウ; 嘶nァbォUツカョ\マヒbサ,;{3ッヘ、カ;姶S1xコフlマセ`モJIMコo.┿IHO/ -ハ 鬼k「貂\: C#伐&ヘ蘭@|i゚ホカ}リ^ムGbzZ#クKモg 花オヤ屮~」]`馼-ッレ濬邉ozbm n}ニcNトーMs. M6 %.禰呈:@`}nツ}EMHoホ6!ラ螟ョBQ)CN4ワ}コg 凰+ェヲO& ェ&ヘソ楓ワiO顱コTXヨ^ホノキ0ニ鑾lエA]10ェクミ.ueキ冪カP P疏墨^.サツマwカ;姶S1xサtlマセ`モJIMコo.┿タI@マ.-ハ 鬼k「遑媾: C#伐&ヘ蘭@|I゚ハぜ ンmnE4nワlメw%:7:ハラ:s明Xロエ怖ュ-=ァd〉ソ.メヘrF ァェァXM)7 ゙Aヒソコゥリ苫MネC7!n.包c8・/\ル_tn漾Rヒウ:ケ0ムサq。「乍フ:s免Xロエ怖ュG.=ァT《 メヘpH ァェァXM)7 ゙Aフ:ム侶拘4。ヤ・ユ憩ヲムAs,ャKョケ啌Rャト-モ`ケ樒?gウiツm;ン:テー。餽Gツヘ=9スメィZ・ワGh・ケmラ收 )ヘ(Je;Uw捲レ`W- オcヘfHC0pユス ・カタi 5u%{8 lタッ]VルR5X;Z7l&keヘト:7ヤU夬Jロ)レムホ7エOef@ エn座6luヨ!ァヒuョ蟲Uゥ[6Z慣ah#ェ8守牝N菌1Gワエlホn&6Ys稲珠D霆ー」.nヘヨ ナセkカ*オWl$豼b゚Uホ麻ヨ蘖ヤ5リFtスPe5枹丱|モJ!k「Qィミル証アヘ乍ホ@:チ仆T^;ノ/爆ラnウエ.ンィハ哲キ躔ワミCU」=u&ェj:ムCrM」」m塹I71ユ稔ыX@ケム楊eネツ。ワ悴エ悄晁ホュサM)ユ 鰮 g\ヘ[;n 拗tッb綟Sa#fーO」PN(ノ@OP?ソ,、ヒ、イ ハソ・x軼^'  ホ:卩ワアィ咽k澁UヤGテ\X6p5.l蹙ルcリル旙}マォェ窯岫orf 撈2ヨniテマuァ74タu梦フユ逾ン・輟n]2エ}30hlナナタフzユ|琳^dメ*%ラpp.gヘy[ン鏑・JLトz\リ4G サィ洲}ヌョ:8j=ハイ65゙ッ{ p\レノッキ!zーキケオ田キ!{7従\レノセ寳ス岶ヌョハ0.oリ}ュ命m儕\リ。メSg゚貮r「/6zOsZヘ.n%tcワオハッ3乢!~k<ヘKケ#Z・nyue「Rvミヒ=uNロVャ =ゥ゚vーtレIヨ酢ァ・騒0ヲ@nカ滉Sノ柏ー オu/・數ヒワカoIオ 6T 髞2・\\マ。ルz4jBメЩyモメzvKR&スカ、オ#雎ーロ「ヨナ コ-Hhオタ靉ア」.ツZ3l8謌ホ慯aヒF謂\ヤゥ笵レ/9hツ #=ヌaヒF逸チsZG、j#ユ}ゥwV.h効ヤn「 6カa#《0枳R玄ユyモ、ロdCt酌オ4Xヤ討゙」}Tコメコロyム{?福ラwーネ5ネMォ/Zホレ3kィ'Wツ 。?.rv颱ヘnッネc 律・*シ5S/タIマュdュ2遽m}麝)hヒアYッ]Lケ槭ラ犹ヲ5欅・廣sHgチヤgェRh.kIヘ藁D{.lネj%ルpミsfCQ.ハ|`]ソ。^ーィt択竣Yケンx> 7;ョ^*ィ:ヒHクヨモサYWQTT「ロTi-タネヒ%)"Gレムッヘイサm}莟)qW_H/猷.ーWオ1殍vセVハ突ハdダ旭ウキキw)zトSラWソK'uQ-貽OHヤKェR゙ャ \ロケッオ-ツヤJ 桍7smヌエ碑イ2アkスハ]*!ヤ・f Oレ暾ォkm .w韜オムqヌオ忍*-gョ,タモ`ケ瀋アwキ$:ィAs「ニlAハ>オら\O便コカヒQ&淑mセ湾妣kウXユケSニx0 T{燕ユ|`eカXt ,HG[サBリDユコ 忖5歟fwae>tホソhウaヨ.ワモ2淆ケ‘サFス捶 J:Zモeコフ笈=6xナアH覩6辧xVP纓5 6ヘェ ヨ)4Hエ# TヲHb ミロiUッ嘘ァBヌZlタスチ+bヘ?ナ)ッレMャチ[XFz鍛R"搬クφg訓嚇n髯@%eO^Is]lリVレスb哲♪機>'6レUkタbTゥミイヨ(.~mI}ハ^ア5ヨッメ貨T{ ;vユ%フョメ=.5エヨUヤTィ・指!頴@YI拭j0&ヨ章ロi%{ゝタjレA_莠疫たッョ尹Zロ*O/9Kx"コフJワ_jンマ,ソャ ンハ讙-ナ&ォ]ヒェトォmuスK$#rPィJイ兆,ィェル)ュ,hロ#邂霧k5卉6.]マャト&ュヒ豼コキキ.zモヤカ 渾]oE[ぇ覊リ v;ノfW )、撹ラ鑒 .kヌr[ェ述ァャ ル+ニP%ョ9液鳳 斑、5、"<nセ$ノh鼓Fャj9Izヲ:゙ョ f嫗綏トFャK ス Qoノヘ`$`マメ[yョモサrfシ I0ン&ク―N察ゲdy%サJス捶 J2Zモeホ!Kニカモ」{cョ"ゥョO@$ウ剞>c。p]aャm妄=ロ、ニ"襁%YQ豁jスkZ Vネ.ty*}ハ^ア5ユッメ貨T [v泌ホョメM.3エヨUヤUィユK|2ノJHサQチ6エ~ksl.ロ_y+ワ ヲワUヨメ ・ヤKャfフgワンッ平イ、0キb-ャトュナュタ\ツ^R「ヨzメフ 1g6コ.8イAsウ鬣ャunノ6杢i エV5慌ュu`\*P將T;[犹Tニop`ィキォタハm゚ー鮓$X8錘サvΣ Cm8Vレ aモBレン゚* H柿?0忸nレ0MaQoG}%KリホyR]2P纓 s.d'uホ-ハK┷鼕Jd總ケR「クケ-i鷺Bズ{イロス裙[oコムユウカ$2<7ゥrht`K イZYネ飽ュxチsRゥ>lGhソー螢.h1--v#エ_ヘW・マュf}wコ1nZ藐 刹N 誠5ホ枅・ノウ/ウeケuムq='ク 卮Iラ]ッ:zKNノ鵐ラガシエ槲、}6tYリ」ムcawEヘ x}"tdリ^ム」b祈} 5!iB \ホznヲラ゙ヲツ膜ロトヤチャ#ヘHZ2kUN弟メ;ZユムcRN技索RHOkm蹙N| ]゚テ ヤS#>ャュk;靉ョ拏2З(ケハZ・舳gj脆+J#JTyZjヲ^)邸7」ZノZeネ3ワ咨壑]h7YYト5*剋トv屑Z0よエ(ヤGェRャ \モイq埀&チヤf #Mサuィェン-藁謂\ロコp[)〃zツ。ミrGタMル^與u罌フ>「=6duキ9ウ#ィ6l6・スXZ疫_赧モ(ユ}ゥoV「P\ン挟絽9エ舛1ャ)SIァE}ヌ2「.怕イW謗ラケヤエ 奐U;aラnknクオウナ6オ髭・・ッ -1・エ|エレSqスォモユ@ 娜S^d B=Rョ~キrr 埒Qrオ」・ン平ヒ齬qェ俊妛ヒgイ鐙叔゚qcォビ洵wqサ[ワケhナクヲム3(ヲホ羹U6膃Vミ.fQQスヌvェ妻妙\ホBラTン ピX @k+mU qナヲ/QNC播拯vレムォg} カ'禹[%渡d~fッ=~豌ラ 墻イt[X茣オ菘^+Q惚=5nム*8ン冱カソW蜿Jqオ゙]iォ!蓑9、「ィzル*ウゥ唐豁V曇GKy%zワラSエAsyォ[ォj枯}%ャp惠g(yPOヤ゙@ヨ.オタカカ{J淞-寵゙S・ョア( z/ヘキ氷セツロr 嬾] e羊{ウ7クテホロゥゥ^ヒZ メ{z4Xリlムgb摘劫ヘ6$4Y漓gリ禾殿{F濠-4hヤ・オロァ簸.vゥPスa]鵤ム融飮t様n苔ヨウ諡4[ヤqェ予pレCw[o:/gウ濟ヨ「ゥ オeWロF}uD゚リ@*1G衫Rリ(キ#;L0凛RR ノモU2Qワ噤シユハモ6z&ラ筥ツ詞サナヤタ 杲T[YZヌ^ 喩0:2・N襠Eト ケミv%4^リlム9Fゥテf;/ら(ユリlムbSE\ォィヘlリMル畏ホx*イΛKfQp.tue f゚iwmybi劇\ムイケテ>秤ム(u 揉\蛋トュj}ヘ繖C0コ゚fe]マ=ャチエ crムェ述1イ・/ヤKノ「lトu修+マwハ」Q柴 ヨミ剛梗サ5-[裙d,フ鼎/KタモI4ミ 、5昔ムD@0ル ,Az.R'hHヨン%ヨフrrX HJ'"Iエ腹ケ!モDJsZイト倬Yミ{N曜虫励ロOS1IL貅&禪゚6RM/蒿護枇売・PHケf.M況iユッj \<`'Jnヲ、*ラー疫セ *yHfOサ0リmユケア'ウmゥke+raェ賭-w5ヘwtA・チrtg ホ櫛メィシn|テ::o嬖ヨlロ甌ウ。ヌェネユタシラ爍Tゆ ヲ6タ拒@MハCrキ=$モ+@挺26L<瓱チェ潤!嵋ソ,麝D(A=dRょ_フテ幔ヌ。.n、]C]h フ]/}8gb セkア,"f<爨┃0ハ yニエYfヒナ豐尹テ鼡]ケgテ:褊g皿2エeK螂L靨贅ヘイニ僮レ2 妃:5ヌ梧ウ褥x<>」>P\。Zゥ7*:ィ7ィ7-ェMト蒔ハVェナカハ「=巛ナヲュハfュト種sr゚ォヒ]ォビ・ォsR.Yト掩u.オレ゚6モュ鴈ル蟾ツ{gC集:/膰ロJ「ケ犹W羶蕷Hケf.M況iユッj)O羽H+ーェ]ヒ6ヲP イ淋 htシナVタ[キ^V藐V゙・ミ\ツQェ<>ェ躔ク.aススカ%t^ヒ幅9ッヒ搖T{ {xレ&颪(ヨ幡、勝エa酬ナア2uラ 麗;躰oレムユウカ#x;ョwケlニR\%タ$TRS'[癖容タフルkLoZヒン餅顏.犹|モ誥_オ2M aV@+K9ヘ5ッ 倩~メ8=M[サzトノラ_ソ.As鏤LRn3un ムキロB ,ミノVI ゥサワ・メ)@-LRa$ ゥ゚垳〉腥LkッnYuヲ7,タ"uケj背w-レア7:0_j囓キU:/?シワキhソタ」hツ 隷KZソZヨユウニカモ」{cョ"ゥョO@テ剞:c「p]aャMb・-桀IタE( フ(Jョ」ヘ@ケ私殼%t^リkム1ミ璃トョ屑 z0よ<メケワソhソクび0嘸テ^;コ/よ&モ菰_イ←Gg1ミ宀トョ3Avvaチrホnkソomb.+)\テJmRV端9アRヨ:`.V 匸4Lク、・損ュ3ヘ,K-シok7^`ケKヤJ6$uml7ヲハ「Qア#ォkaソU0.Pュュ[ ェr葎オlHリリoユP 0L&`acyL>^G@^ケx/オ獸6ロクタrォ7支$(彊ヌノセPタ 〉 xlQj獵^ユ@ 頒J軛祈-〉 n 7X早S、aム:xj彩((H蜃{ヤEサリ}ンサメケリ、ム蟻sE濬^垪65P湯ルcヤCウ;ィFMHコウオhノケムsQョォ-H:.j<隆ヲャヤュュ喝ー MロVvツォ-愚\イ秬ウ 捩/ZソzA啻 N vKゥ^Kハシ儡ゥ+・&ェM┓シ候t「tJKiTホメ8==[zナIラ[ソ.6,rーJヤノ冰-*hナッヤ<カ$サIタ鑓 &6梗L5nユョ慾WMMマナP.a柿ョケ 耕膺ヨ蔵_XUyャ%%"草 ^7`炮mw;mP隆.チrフjネH黄)」ュJKイ癌詬ヲ5ュ eKj鶏w肯セFVホリ杳d貉螳!Ip-4ォl域ラ尉~@リノ360%iュ,〉*洩k|H#1w+v鶏T{ヨ?ルk「嚏X駱禽8Fー悔イLmェKaPゥハHr椛1瀬ーVカニK[ィ イ アJk2m呵キチr,「n\Qレ6e7/(:ZOラ2Tレナ・冂璞8XMマ薄35Ν{r邉yゥ`+ェオャリサV抻「枇売・PHケf.蜆ラH<カOl閙ア蹙棋iT^7>a拌強vキヘエzz 偐T獣v゚ーコフ(ェGケンキ 7R ケ}U%,a.蟾oLヌ袍ヨ[ヤッツサ)ン銑ト@ト}ャ掣、ー褸6cチr*ヨx葎タケノー頽蕭゙ァy畤オよVcヨ0ラn&厦ノ ・旅mN\ハ$メ;O-e]EH P 珊2約d蜥4j8&ヨ章mロk%{ゝタ舘レA_莠疫ちッンョ尹[ロ*O/9rタK|"レフJワ_jワワ・S]oコ/リ慝Iーエ 閃Kヨc 絞K諧ク{u5゙ >J柬ュ囂=}Pフハ&Kャー\qzロ皷ロlTヌ0{イ K岼ケTイtエ6テ\V3゙ゆモチ鳩_<ンw>Mシuュ\y緩転ゥナk([ャ.4ウワュ遙ワRク鶸濫ュ゙エ皇b妣F菓Ia-]マuル5-ヌ)5oW5f4霤ュe/K#dメホチよ仭ヌ,ロ1アツ膩W[Hネャ*r(朱V)n箜ヌMョゆヨ笊aSEォ キイル皋轣rK模ト。凡・戻*ェモ%@ケ %テ・モsyz&ク揖玉墫 f゙l$ハ1&イ。nヘイリ%掉%ypメ3awvュケンV5VまSlオnVカe〉@KH$:キ8-TケEス匸ャハヲヘ ヨA髻k1v`lッSェ・N(ハ@?ソ,ヲフヲイ ヒソ"ァxレ5C  マ5ラ驢トヨェ]ヘサ*イ觴e&夕レ{e* タJd墜;呼キOE ョ筈ネ。 オ$k_゙ソニわウ眺タヲ` オ江`Pk娉6ーWオ匏゚k_%*X nツ[Y;勲[{芭b)ゥR「゙蜒EンmbヤlLhスタノ霰ア7ャ]剛=+2鷭ホ僞ェヂU、mユN」ュTz/"、 ルキリDムbV譽ュレ筒ヨッ擬ャ;ャuュvー-ヘクuxS鵲ユチーォッVヲ T[犹ラ哲ルAミf:xk賚「 Lケヒ?T鍜ォ_Aミ\蜑ィ坎エ#ユュ.tラヘL76PAs、h9ウィテラAン仗U2 5ャJ $l(ン熟J_zlタ ルuホ區*lッハicロケヌC?T錵ォ_A濬罍ュレjヨミ{UP.o占ヘukbキU.ツf゙6ゥココ uヲ%エョWxーマォobスゥケツモルeャYp咫QYMpW@ ン之eュ9スh尖1v[W"籬コkoZ@:カ7゚A;タs}らョ2Lホ aR@*K)ヘ5アェ:ワvレ`RmP峽蕩nツ^エテ=$繁1*オカ"L、ニgッ翹}ャR^ナロ{遽]ゥAイヲ_D、x (刈+ハ6フイヒ<、ン。:ロ ミ呉ラヨニ秬_U歴\yャ{漆"コ2らヘ0ワu霍ケム?bp悴,随ッ凉,コK-C}%} %フ5掫サ>壟リ梹タuf鷽ユ~ ミ; ンメ排耨c寺剳1諱sfフ&[キホ ;u ;:K]砺カ3kZ循フカSネdGMYG@・マiルv!、>mマaメフqア1゙ータサイ箜8キ_+-籘豊z 桷;#Kサm゚スモ!R>1 .xャ、喊ヨ^vcモ ケ衲キワ1q;6オ槫3yzムロ茅Vロ倣T{=V0 G$。`ee6Y` V3イSZタWムイT ヨムnウW貪ノキ籐ソワDjンワシk+q#ォwr゚ッ-KZタョワォ凜/ンH*)NkbE_r・覊ミ uノ^V ミャ検甦jンリV盞6"z5;ヒ顱3VPItユXeミロ7nレ7`ワロニキス5崗 ラW/D2ebwUテハFト棯俺ゥヘオ輸2~)Eセ鶲QカbDsヘeッMa些Qー雖b'f綢ウVトヲヘ・ミ^トo荵hUウヲd・Nィモ /ヨ ミリ ゥヤ僚ヤkコ闕p6オ‐%Xネオf3.ァJ!cR6エセtサ.セi$ノxLロBャbY? コf<゙ォ クf渋V貽.ャKタイワ屠、霪ヌヲ貔06ホ吏$ 貼@ョ@&Gヘp$`ミ垂DH・ュ6Ynミュc]ヲP腰/H`>I@オ9,L、ナ4ロFRルエ $km塚f、[ 訶剱x^yノ梳[ 乢闊"ヲHi" メケ燬'堋nJケvBホ AK !kI・G!/Z2i翠IェwKサッ、/6ン髏僭」Kサウ、W8]Zヷェ^゚nシ魑t、i嫐Brba極テZM緇`ス$i+ュ]Yレ5‘ケ&ユKクレヨl苗ヨ慘ケヘM(ヘJdレ`メy. キ_4鍛シFm。 ヨ1,ハン3oUネワCウIーォl、%kスy゚jkBoje志蹶9JァZーォ\、ヲS( ヒャaZBョ@"ョ鋭蟶H@・)(L%!YO岨dンiSロ*@#メy5脈・ナョ mツ;k豁ネfェ@^抄啖kワシフ`$gl壺r28ネ~k# 紬饂Iハネー!!ァニ圖Z0I乱ュT「!ヒ*着ネ3nl=.ュ{ハJb@スAdN醸没朝コrtテZ」6o嬖粮lメチMウBス !ル鰯ハヲuメ7 ホトリZW[レi~dツウかャ啾厳輸:zKムmTSヨオィホャ ミ謦リ琴Aーォ。ル%沙qユAク章俣ンヨサ>興往キ,ャト監ナヌ)eネ^壙{O+Rヤル7」イ> @kオ絨*iル=HZYラ|^ヤ兇ニテ視{,l0hサア「ラ」6ト.鶏 :4lO靈ー逎Fニ蚤鏃 鼠:獵琴@ ミs7ヨ:約ラ~ヨ剄錙嫁kト朦ュmM6*uゥXWサ2kWNrmメCzヨ}ムcR>禦志SkHoko蹙V| ]゚ツ。ヤW#タ.ャュk{hヒョ拏rЗ)ケ鎧・dwWゥ蹟S/JCJT淫iヲ^*{撤7媚ノ:eネ。X&ナーォッ/U/D`NWeマAン俤Dロ.zニ'ルQ ッ+ヨΥ羊)コヤAウィ「 &ウ→兎R/CZNeRfヘ」@^`鶉Q惚 0{`ス3鵠 K[8堰z)g怪P5,YeN%/mN SdKモZッZラユアニカム〔ァ{w,D7瞥eHs-*Jトmk ヨシヨタXスウ_ucH'ネ ムケヨ昃約率\リ4ネx/F|Ti20羅4フp/BT`エ"3iQケh戯|フサ汐ク(焚チサQワャ・ラs凛&カ檪ォハ塰モンl&%E+キ[-尓m僉^ カホ筌Uセ蛔U竢Uセコセ・ノ'X畉M帽U l彼ーlヨン、ニ。Aャンーmカoキキ/:ノワHンワキKRホー+キ+ィチzS冱ggヤMD市6Iク、萌)顱Jクメ伴>$ツ7ス$ゥRu0Fム<コハロカ/Xヤ導セ ャタ營`ス$TIzュ臻]js逐4皿ィ)@X!vR髞豬セfE@顯 nn6uー%Xネオg3.s@J!sR6エ枦Kわラム$弍吊 アゥfO'髦xョP`ル、リ{ユキア ォ;Rニォ-ノ>ェP^挺ケdYッモサr1編kネノc!ルョ劇rスAv!ij滄o\Jコ葩}ョ =s馴ュ允.@8ヘi moF兵E疫」テ6槹F^ルシシp纂]ゥ鉚PレNΗワ6`i栓\zタハ-s}KX2イ0,:「イ<ワョタケ(ョ-fマZszム!ヨ^荼ョニナソsヨ胛エ`uloソAsツィヨH囓&Dーゥ %怏dリユ@ 椹Jソl#カ死-( MN)ヌム`塒\アニ゙~゙@7O-ョP25ルマョzミ\2Q/7hテア$ ミ リ鍔Aーンォ?龕ハ・ 幔FケdミuPl7j獵マモ'コ籍Fヘ弄 \ハXレィ7レク7/@ゲ9nlPk]oレ;リュユIー峭紺nЭr拱ノm+尤$ソ3 Q Kvハ・Xモ>wLョ%(nMアォlカ;lx楹 ャLスレX+ーハLネ}=.oゥ+ノnェ]ニ椚ー\レ"jzr唯・ス1YD如6ィ~jルロ> カラヨJtI氷As暇哽悒pィQ0伺r:スィgヘ`ロaw(瑟1イ$H8閨ィ゙F&i⊆ッオロッ-TI■4t%テs^カo5-l「n]uQ"カーmオモモKタケネナ椌屯ッeュwナ顴スHコ,8襍アA「ホテ魚-!2B靄ーテ」>ト鼓z3`iFvシら#ユ*ヤソャ+ン ォァ9vヌ!ヘk>hウゥEスG:ゥオニ、7オキ「~ッ>ョaP+隊娵NオスエfラLNュ9B%~\ナ-メ禦ン゙蹟S/JCJTi「^*{邸7曦・J=2蟇:ウルカ4eリゥラ.sqTw髦ノTオ4キ.w僵ル^:探ゥ@:#h枉em ロpャjIリV` M-9ウ&「ニ9(ワRP ヒ#伴tタ%\iJ]a タ\烈"Kユo#RS、rm@Jタイ尊Lァ5ュ 嫣TヂサF-チsl ッ7j獵鍔@ 婀S賭 ォビェ6tィムzヨレ貌ツイjIh」DY$rィ燬F枝%Ha9dよハユM燼uQlケ容孵ヘ0 ミ@非モkョ,lニイク%サ蕊^ ァカ6d-ウly晒P陰s耆[コu'ナらイヨ貰SjワリR盞v#zrチ返fヲメハ}1ユ7 蜂ウ(z壷サ餅Zロ=U@ケeケzェ7-コカs許n5キk[眺ユ0.vMs キQワ螳務Rオ゙7ヒQ~侭尾BUe.・pkl4kbC=?ウyーヒ」ドャスmx/P^仞趺KVヲ篏U`/A^BPitムXeミフ vテo5ル7`葩ナカス5崗 ラSP * nミ7!サャ Dz6+エSヤD ミ舗ゥjラワWjゥホfッqカ|mッャ碑*ーサハ]*@"ナf!Qレ。ォdヲ/ hl劔x\zIヲ`] 、關"ヲHa$ モ 卵紬fI@オ9,Lオ4ロFNルエ d[m霆Kナ霑 Tシ課$濛エ母rJケハS「リ8^Kハヨ喞*Rニ#メタスCムノ桐チ匏ャ/ィ{ノ、3ヌョリ^「ャ4シュノヲB6"i{P^ィス近カヒ_ヤサRテeJニ僣o'hMl"ヘ.ャ凍鶤レcョキソ j@u゜オCnヨ>sンサ)zメ数池ヌェヨロq2楞ッ%キケ@\;(ロ ヤ未]ヌKバヲモLヤ~ア襖Z?゚墓兎%|Tスキw-ロ7Z蔽r ヲOj・濳umZ犹o&ヒ ヨE$鱇i1~Pl?ェ浴3嵜牝ャ$4sロW:爽pl"j獵シユサ。ェ=T:ィ5"ェ5・リコムae'A孺Ьv.m;ンョ5スjhキク貫媚テレニ゚壤soRリ.HュL7rH挈鸛ルソヤ@ -:nS)槨5ラチr''h?ェァBZ犹SミオU錵ォWA濬見蕣jラミ{UH.E`-Uzユミ|$|ニヒヲ1嚠6U」r 5ャJ $h(ン熟K7_zlタ ルtミsf3Q.IpュD(:6oチr姶3nl-.ュ{QハJR[PIAr赳ヒ\d0塢ャ-m%St蓚オF-ル゚6モナムル・ラ「ケ43タ7@奎メ-P ヒ伐RレjJ\0コV`Yエ9ウhu垰-*ヤエリTユキアUキモRヨハf褄U(.Kエ シラ`6ヨ淮゙WモL マォOネゆOッ$ 6@ェ@,CIヘ5ャェ*ht悖奢Vd XЪRカPv+5P(Mエゥaャせ脚ヌoキYz姻f2謬イWeォoャaVナホヘヨヤ\ェR:斡cリtムwQ' +ケF畛チsfHiシ&_6ヨ渣゙7`モL ミkュ3dハn褄U.#h^コ~eェys魁IYLdW@ ゙性タ6暢8mウ7eァV持劫=[{{,ょuL吟`オnニ詁"e?ヨRエム2{1囎〉ヘTハ]ヤ]ヒnンヒフエ bP*履タN@5IQ跳ケオk_゙ュ桜>リo洩tf` mゥ鳥<ッ50mタトスオスエキRィ.Z佶M、h]テ]ィZf8,ハt庇`S.滔Qo 9#Dオヨ 歩; リ吾スvsgxl&RリュユIーァ/@Jコs。LKユ1ト&罕ョL+啀 覧Aタ5テ$y゚mFP>ーッ晞l試Rnミ*ト妙ヘヒ~ー0,kbマU .^尖Mノnェ]ニ椚ー\カ硅鏗ヲ+1宙ユヘ[;gチeWY)ミ $Uaラ{.kリ゙駭Pュc]ヲP込エルAs9&リJ|L;IvタU #、dヨ苛@ 奩=Pg。 K"6ノァXt>vフョ'(mヘアォlカ?lx楹*ャLスレX+ームJLミ犧ト96*カfu-ウSホ鷦ルcリタユCーツj%ム」-ユサチiヒvwR;ロ~」[生fu-lウゅレ。便ナe迚ケu$OYT3#t fフ%コ}ゥFォJ}挂鍼コッヤKサX稗ナ5鎮5_FヲツヨGきンW-式\、) ヨI.;q]姦`\zハ踰チ!レコセヤCサ?ヨ遇藻メメァセ メc壹゙Sスi=コゥjェSハヘラ、シ母K柧モk張0\シハt!ヌサ/0毎|廂/クッK謔豐ミ旛g6コ カツ1Kdメ2エフ靨,ュ ャアg5マノヲフ「ン モマkス<ヲカ&コ 暸Rヨハ&袮U+oロ]M5=オXメn #=fフテ隈Wオ Yャl. ->@$, ィ゙F&i⊆タッuロッ=TG醂G@|7>褄f0抹ヨス_%レ*ネd1椁゙緻XR[ KdRメ2T1)痛@kE襯*=_se訐ヘエ!コナ%レッ*^・H菲!2.ソuエヘデュス]ZZ5‐ケ&ユJ 亙Lニ[d眠 ・ョ; 頃wナフラkヤセ5キモ5モホハoホゥ爲ェ+"ゥリ3.滞ヲロUャ ]ゥタウ8sフ昇q( クよ^S姫*_ァv菁@蛋2コMqゥ<、CUヘU・7zリヤタ チ釟ヤ{嵌餐ム:ュuセ謚邸理ヘ4ネfム/f "KR#メrソォ ヒヒ。kケFヨ&楴殷aア3ェ預wnハャケ黙I・ヨ樂Jセげ。$アN1-モH・)2(BIレラッスアサlス莟p)mcWX&ヤMャfmxレラニヨル"謁J[タ0蒙bNVリ.XQ ヘハ.ャK址w(ゥ7:ュ-サョD峙=ラf「Mリヲテ殊V0:`ヤ小:]G [H^タWサ?ワオjノワ]ワヒ,・アケzユMク移ユョ掠kニ^\ナ"メVSル片キd+"ヘ、ゥヘ廚ャヘノiヨ」ァoFツヲュュ歓ソ囑vSrッ颶iシ`6ヨ淮゙7モL マォ,怱fヨ苛A(タI0%レゝX死ケnナPキ/サカスト鶺. ・n u+ケ~ンオよ⌒Gj・ワ、jワ\l・$ルオワ[j玳・jロワFユ-コ0*aワェ獪キイスケyンTょXヤタリヨ*>コ゚uア[ェ殿7o\ンシ:モ頓W+シIリfユク 彪UZタ1風 d匪赳%vュノEpk6zモ嶷イ%オv6-サ楾オリ゚~(オヘ 吠XCvゥタ肥ソFHo?Gー*`.pモw ィ*ョ劑ツ、T睦%内k`#U9ア`ケWニv.オ蝶ヲ-&澂ヌ/ヨIオ5キWztpワqhナア%ォ[awFM凱[[ 2lRjレリiム澱_Y;ラゥ.Uチlm=X囓カVx=嘲Kコッ6,カlオ.ァ蟄アリ叟IーサキeZ\ヒl、メ[Ol蘋AX P 珊ァq剿鴪、メ漠!カ、Nkラヨリミmカ^Wクフエアュャ 屠&ヨ ソウ&5CラニヤラツコS(キa-ャト哉&ュヘハ6ア4オヤッモ\タリロヨノl石;KMフ屏駈ォwゆユP 墹Sモrg2.|トヲ%タケヵNキコェw!zオチs*{n=uTnBl(麻p 先.Eヒt]ャ嶢スloカ6モ|K7 逐ー榿俾フ.Q-ネ+!ャ2^カ6アP@アセヨロO,ホ *Jツ{dィ3ェカ6n麿3AロVヒェ(ーЁ蟇菰GテJl%M゙oイ*TヮHk5 鎭哘ミXDネリ)ス'J 9\跛ノヘ!#ッ#= ラヤソェァbロUツVォヘ轄e亳)&ソ・wSレ斡kワEメ6&ェオー」」、ノPWA]`ケ3@bj=ラQ諷犹0膾vオXlKjミノ#cーユェヌb[Vx.Iナ 魑&「ニ9(ワRP ハ」板tタ%\iJ]a タ^:探ゥ@:#h枉em ロpャjIリV` M-0\巴Tサ抑TU・、殘凉ヲ蛋2ツi杏ミタ5コ*.、フEイq( [衞゛コニヨ囂kz{]qzヒッ82P !*タ%.iq6` モi・寓mょ7R旁1ユスメユメス」@.Oュ(諫タ 「D3+LヲU1タe椽拉E#愈蓮%「Vケ0ヌネカWoSoゥT)、梨シ/貮ヲd%0p馨-レ CzS墮廂ス^ォy融愨$、 #屠咳ン剥テArネ護DユリwユV 整CGb'Vカテセェ\}ロレェ"オjゆ制ユUアォ[aリ!懸~Eノ゙掘ケ dヨキコ.nNdネ@&Gタ南ミpVロゥ院 踉_Gt"メ絣迷.フ、c抬!ェァユョ 7Jォ*ム汲jムx!F咢SQヘョEフVz騎>アハ [オ. ヤ"8ゥvー' >%6ナeョャXd9EH侑U譲Xセ%ォミノ鐺7>LN[諏ル゚ Q4bワj、゙カm「EロJcョ`申Bミワ,^「-7レキキ'\5~・濬↑膽q!iIノTW9uィプ)fkZk'Z4ナリBユソアiサvヤチコ韓アユB 析Z:_:湟;E鵄瑣 刃[喟聞ユモ針エ〉0QヤOモM2岼R楙6'g紛゙豺 オ躄ゥス$;P?7W嚠whム}メ*レ]ヨ^オキンモ1zLs\@{ハキン1b 俗ZaァU>ナ.ェ ニョ =[; zク6%unj[ユIア/ェ(`ェF゚%){#>L肩 lKF~」ノンキ%ルフキ@a5エnマi,コ]ウ|y_>ラュPノhツコ、:5ョ窓YF!yC 5逐V$、、Rウ2チ夬ノ|ュキーチェッジ.K號M (4aノスュケ[畭オツ7[キ \杙ロ{ ィ6(5p蓐ワAイcヲ Iコテ・ヤw*-モ墳ヤp.O-jM (4aハWュッ.7遡"ウZiロョ]D|6ャ・f 勸ラュシk犹1オヘt]ヤoェマbEンGメaL謨レ倥h/ae娉フヨ」ン!ヘヤe」腑$コェュD{6俗駁DZオキ ケSvuUlUヨハ.ーォェ嫦ッVミ.Nルx]襟YサzャチrO+hW槲マ゚5.」・ F(mタモレウ祥ーr?ォ醂'カcゥ~o/騙$OJッJモ1K ケ5ンv0A_ウケムモ ケ5ンfC-メモg〇髀濬RzfQOソィメR嶬x.Vuス歓[[ コゥァN(ヒ@?ソ,ィヘィイ フソゥmu9ナX裹%ィセ蜴公1ヲ鮗)コn2マiト<ヨ oト.以テヲヨZ)オ=s鱶ァ| ハ@ g~ ホYVZU偏0;- Ph;ヨ;=YiコZlテ見x_:@貂ケモO疎コgオ、s 「ャn~サ澄捷pァエ+@ @ I{pqp$ァ& Yタ b^qH穢懌qIァKタ ヤタソt繽懊[ァ Z@ゥタセ。ケモO疎コ鮒X s ゥHヲ{Oエ楸エ'キアJ~\ヲ・ &'$ ホ'穿tケL扠K'Iホ9コr[Z濟g畆アw ケモO疎コメケ]s カ{pqq$ァ%タ iタ RbqH穡懌qIァKタ ヤタソt瘴懊[ァ Zケタョヲ~サ勝捷pァエ+@ @ Iサ アァb゚u!(タkアOVD@-乘アユ+ハウヨS,ムn\エpワGフミKUヲツNシ*ウァr」v肅E'ツスー>@"x d閠渣「ョ4|鰕hJチMエpワ_褝ス0ーシ潛! スヌア[レ%oメNウ 佝搗セ エリ&コzカumXメモqゥ逡セセ{ーG{ヌ「冥ソ・ハ]vマK}rVエ~ユタヘ>%=ォリLrチ揀ウエh-ユ嵯儖(奴rセ'ヨタ[ネ$ォ'ラヲヨv褞ソイob」u=リfテ>ハー-蛩7[イス`j[モ褝メ后7o[5@エvリIムァb゚EpZサ l$靠アo「ネ-m6-WリIム、カト,$靜 }f=ト詭u-熙ヤ_夬J;(ケ胎サヤ/ヲVI邨%Eシ5巷イヤcォsRホlチom)ィヌV讀T巡ッ誉vコ$t 畑 fJ典$]コ7kXE@'Iй@0%g塾t}hU7c/69鎚>ォ\:8j4ヨ"V煤。qーlナ$ Zno娥スシテ「iー枸 、 ~@b・誣候見ョ風」6ケエoヤiォGA-ソノxVBZQf:U,ロ 4zB[ソr党@嬋,茖*b@」%ッ柔ナ レ(lSヘリタΘfレイレ{ゥKG Fチラメ エy>ムKLソョ マクフY煬 Fケhノ1\dUGヨヤ&キエQラ$ ヤ2j3gr、キイOrロト惷1fオ6。ナy607誓A 居モ3碪K・Yfク耽ムメォJ~yォNos:メ範ツUv+ウcクヘ~蟲nイ~鍾]ラwツ・ーラaO5サケウ・Sーナ詬カ3\ Jス`EZsキ;u・u:|&拔ヤa塹犠オfウR棋 ュワォfマa3F扎9エヤ」VナセmiCー凹粁ルメーY屠?カt3L#隗ィサ_ロY蛇 6」ャヨjHヨ)6甫ホテト砲Z C{;S/]Kトレ髴マiネマ ル'&・ u「塹wヲ,Bフ麻 セ建マ駝SW・憇j'ムソLA鈕(T魍y-Лラメ尺gUセ「杭:iTイ」ゥ+5ル壷。リD・箚ヨマTi「誤ヒカC)マb'E揣ュヤv皖紮}雇l.悁リiヘp-コル^*匈ヤcッ被 seー坤.-$fサBM|Yj1ヘx-キNオ銃ィウXロタカヨGヘ~・ン熱hygオン!イッ レ┝|テK`ニ6z モモルカヤケD坿ウェロQ-キQkオ顴)タハC摂{巡窃ァルタ ー劾 K}ソZ@2&ユホ/Qシ斯ヨT氾ナホkォaA岩ヒェニ\YラiN.」<ヨ opQ]|ヤ-ンWY隧ルxイ顱0[xイニj>ルタヤイ oY摧mGロ7Z澄$ァGZテXメ:ァリBムCb麩ナ缸71P>、ュdテゥ:k]p[@脇RDノtコq璢「ソ%麈ネ ー3羈薄臍5」 キcjリ,槽オ朴 %悦 $p*ムッ]゚Oオホ5キUテヨk/リン匏Iエノメ菲ョ柧鶸 K濫ホrオ鷂肥ナ┼AzDユ2カヤcv「\I%佰>キ 5キE揣,ラlKハロk゙$ホサハムdyュ8Uセフヘ沫?9鞄R>lカ4gミ@ワ 贔/9胎フx-エ盪e眸鬢字イyタ[hウ蜂朴ン3禰Dウンタカリ'{認ウ(]フノ」ミア榜腿ハレ碁モsgャ?hシH-ケYヘ3イル副11セーWsシイKL}=。l2ヨン{Wj4ヨB飼ラチf」lラ鶫ユ]ィラ5コ禎V5ヘv、スV囂3]ケヘ~エスy組ュf%ロサホロユ壙Uセ「Lラj\ルGヨ醇pソ]チ*Rオ hQァフ4ョ l+ウsョミン?aュG=娥KYイヤMォ'AYM遨+Uv」mZ@イ 擧RVォMFレウd9v、ュUコ嵯iセリャ権」Y雹0ェ[d^ケ.ハ撃ー,Z瀟$3擁hマギ,迢s:ム瞼ャヤチFイDZ^エレ索鉢敘ラオ6ツ6kカ.オQ=ヘv、=Tz峻[ゥU>ツVkキ+;キヘ2キ楸夫"ア3シイLロサRェ=GレキAdzサカ」[:牲Sに3qHZィjン| 誇ュ駈ヤ~5ロ届3#サSヤォ-E{7ル詔BリBルサミCeafA 脳E9ョヤョ m[/Tvvk゚至イI賭暴 醂・}タンスH;2{閤餅H3 扈・ケモ獄 ds髢0X臻チアWェ渋WV,sリVユサアUェ9詫U凜リUユコ L6*オQ+jン紘ツー2。クウソ煉!/モ鴉ツィコ/Wl半舛ネvワt}9aエDmTレ」ZC[t艫ゥ 0ァ]YzPマZヨコn5糾ラ゙CAXネ閤「楪>kカ.tWリAヘnナ 勵ワェ賺aCF豪ワル!勒アo-s ユレ$4Vリpムィ4#ラネオ。殪メ9モ}カ$5[襾vク勺s語;*8hヨ iニ5ケ攴ヨ9y-;|KgD9遨Fンk;@肴ラ5豼Rnェ-G9ョミキ_UZfサRNェ}Fyョヤ妛2:イ5&賤Q椚扞イヤAッ瀕 3eィV、ワリ3ム1牾ソンXコレ染攻ィ<{kl[lゥ/K鯰e墻%マVkオs]ヤy=hKウ7*叺ノF$"jRヤリインDfGvーム(&=蟹ム6。F~ヌK ニR稲ィセ9`0=゚3床4.ム.{qペト_.エ:I`ユ/- /JJ;イ・カッI)蕩どンwy Y%&笹4∬蝴29tェ@!'ツゥユ6]%イ,T>霸塒sSmレメ\肩ケ叺ョセ カオhuォゥアY-ュf震Mo;尚イ+'ュeL@-LフオT(貊bソU`BAィッ;ャ-( ッツ:&5$ノx[ウ{ゥ6ot:アl弧犧YイリNユッゥg6[,ラjWゥs9巳ンU:光kセゥ9ニbMPLスキXケ貸ッ`z&マxぷp媼rヘ-トヨk)シ笹ケAヘ問5タオ\'"ワウfマq5墟Z、s柤&ウ]ケfヘ-R咎キzイキ/コュ)煩i 6g[,堆門ツ&&オハリ槨$T k゙晉ョラeコy莠8xJ]杙Yョィ邂ィ9mーセpシコロ愆モQィァQィレeゥロeヌxwxキ、擧ヲQラgQラ騎ルヒ単FpGI%櫪-ョラ_u磋Qu貊Rセハトヘナ?q凹ノ謚nヤ*賤Q^ヘ([[7y詔EリBルサミ@モp-ア}イ」ーウ^@SッリェユGーュォt゚ッアWェ渋WV+ズm籟ムl惘ケアウ'クラルmヤ)エoI扈eオモ獄 6dsヲHオ&そ*Q*ンP`UーュォwbォU+シ!VP |頼Yピ2ー6。yュV勝嵎6P E+モh2<タaケzRチ|ロ=7/コ8郎;ヘ&Jャタ(゚}ムK\SQgHGフ@*マGu D・ャ七 ch=レv葫u孱預gXロ:Q_$寤0P漓イユアウ-ー _6lv)S_Lマ便」5'瑤諏\ニ「マケJラノMs^hナア#」テ~ソ/柎゙ノ`イ|)N佞帙X` タ勲)@ksン.P ノy--@ハZムW4尾ッミa0ヒvセフ モザ?+ゥネX,N(フ@+,?ソェxメTtNケモO疎コれラ.}} X裹%ノ(カム0鐸得2ミ`・ソヘhsウユ麿。eヲフ8ハ送@、_Nkhマcn屬屹,廚ヘoヲ B2闌:me「婪sラ>柬wタ \UpハVキンg/タS'S メC繪ニs夏|凋)ァ)x 恢I,yテmzDユヌヤ3レHァ=サ症マ席pュモ- ワ ムモ8ワpヌフ悦。ェソ,ォホォイ ヘ? Dャ@Bodonia0ネ1-aろfソf}%丿AUQ僣ョr^x`jkノjp ゥタ/Zヽサ鏑スK7Zmラ穆{PネgNフ フ uセ-bFサ"hオィ[柱 *,リムg〜ム歟'鳴ヲぢ-d籾e<ャル@3默oYv暘D写)シ Cミヲ`1z抄゙弼Y樺閥搬zdjWMd纂6d/)Ch@L( アタiエI% %YF9ReVW@ー-gVカx)Mfン W|Vワe辮m r`T@ *腱タ!゙Vg s蝴・k~-A、sR Tヨ「Z$モa$フ「za1痺 ヒサ$閠SLo狛6fュ洶.抓ヤcヲーセユ#jクj 馳ア タチXー2ーDフツβ 逐{フサVK-Pウヘユツc0ミ_$、gキ ;ョa0ル:H袵察 `ユ:o Yタ Wタ ー-e ホ機-ソ-イ-`フカヒ6(m゙ロタ3/ヂ悧++Pーヌkfセ@Xt蔗cΨ _y:oG+t屋Q」DエW戮;c'<眥IOタLウトシ聿惰9ト竰N )ゥ ~.ヌ9ヌ>キN@エ+S+| D+v?!>?n!eu)@ I{pq q$ァ%タ iタ RbqH瀾懌qIァKタ ヤタソt瘴懊[ァ Zケタョヲ~サ勝捷pァエ+@ワq柘ワ %?.SNR薯G芥}:\ヲNヲ%、G |ン9ミュホュp-3ュリ|}サ=ァ〇OZZHロリ吟ツ&&オハワア $T ヘ漿椽]夜迺鞣 )vyifコ」楴」モエ醵カタタnrヒMF「戳」i密m ン゙致棘G]扁^-Kg.I@タ$凡4カサ]| ヒ#・ルEヤS夬J+4;ロィニ&kキ'(haサSヤォ-E{7レl。l!lン?ea fA\アコZロロ*;[5ヒア%/リェユGーュォt-叛ナ^ェ=][ケo莖*Q*ンヒ%ゥ6m籟ムl惘ケアウ'クラルmヤ)エoI扈eオモ獄 6dsヲH〉瘟ul+jンリェユF 貰LVP |頼Yピ2ー6ーイt| フヲ ホI帳+0 (キ゚tRラ(ヤ`メQRヲワA陦ケ}ムタ/「培゙G` イj)^妁稜ウ ヒメ唇フヨ%Qンaネゥk?cュHレOv攣5ンf鐶サ%リYヨ6ホ任ラノ& 2ツ溶ナ>ハ~ツホヘ.c4ュ冦}妙猟ヘL・ヨ」5'瑤諏\ニ「マケJラノMs^hナア#」テ~ソフ・7イXャ Sヲミ蹂ヨソ#J`セヘ%Wラwケ@`+%膵エキムG(kGハ慶|J{Wー蜒;゚fiンホ魁ーN(ヘソjアr¨撈Hセィツ&&オハワ 軈ラ.}}  ホo「遏M-ョラgョラeコy莠8xJ]杙Yョィ遽(ヘ9魂セpシクロ惷モQ(ァQィレeゥロeヌxwxキ、擧ヲQラgQラ騎ルヒ単FpGI%| ハナ&衿NfソbU>テ~kカ$vTカ3_ケ ヘ偲模vト四カl]fト*ィ,ノ]クケ腰リc>5NF$ル踐コxタ,V愴シ/sマ:ホナホょdS磐iラ&:| ヒg&ワLlオ^フ$イI槝梦Sコ騎T゚ォレ%咏Yィィ`ヘ儕\ウ秡簒I-eウル嘆Tレょェ_マvノ懽ヨナ.[y5惚-鵠濬ウ}・ョN6v「n熱メ<」ヒ&1ワBh。ケ|ムタ/x ゙fタ Rr%>妁力`fッ マメ拭ケД&」ホ 鋤JI刈+0 (キ゚tRラ(フ%モR^ ヲヨ鹿 ・=2!ネnオDjマ謚[iタラ|ヒW SeゥIナソテッ゚ヘ(&徐(P j0`4'マ餽o}Hマh_"D%Eカ+\嘲サkマsヘ罔;ラ{ケ`+ョル駱"傘 ヨ ヌ4尾ッミa0ヒvセホ モザ?ア N(ヘソイxソ磚Mニ>/俘g=゚6V.レ&ヨcレwツd゙,\ニゅ0怜リコユOー癩 -LラBウcー邉]ア!- [;9アワNfシ静崘ラ&wYキクフv u窖栩ヨr&w呆ニ/Cリ菓Nリwルイヌ/ア}0通 &zカkュN-Is~0ig錨jツa芭Pew-`クモオuムチヨタ{エ0ショtメGヘQLd噸6タクミヨeKT恁Lン(;、ケGツヌOールイワ藝i@]゚「\巛ソ粟]ht賃1ェ^Z@^背eKm ^>担'@-カ +Ox緕ヤ %& 4∬・2)t・ネ/ンN鸛ルF@39ヨw_オQQ^ロ鏘7メー諚RUDミォvヌーミ 瞬^'N駘'豕R撼ヤ塹郷{h?、鴣ク嗽WQ&k5+hケィ5囓t\ヤG塹Kコ.(ヘnナF壷ふjQg!{R枸5i&- エワホy゙R\ンホ竄ラリオユMー劉h Fジナョェ=┸[ケ5カ-uP%゚ヌーッ「譴=5.ゅ'ヤサ「譴=q'鷯ムwQ経ネnッルdリzヘvナヒ勃Qlk3ャE=(/ナ^EノノvゥRHタュ倆J7M守フf\壓、ヘ姪ヨフ謔ケE5舶m(/x醍rヒヒロ.*ン儂"起セネヌ0 リX草 磴9@Pb」e"シヲテlネ Q、+zネ゚