■プレシンポジウム開催要項
金沢創造都市会議(金沢ラウンド)は、金沢経済同友会が40周年記念事業に「金沢を議論のステージとする、新しい国際会議の創造」をめざして提唱し、2001年秋の開催にむけてスタートしたプロジェクトです。
開催にむけて産・官・学からなる準備委員会が組織され、すでに活動がスタートしています。昨年度は、海外よりキーパーソンをお招きし、その可能性と国際的に求められているテーマなどについて議論しました。今回のプレシンポジウムは、国内から様々な分野でご活躍の方をゲストスピーカーとしてお招きし、実際に都心を会場にしたてて、創造都市にとっての都心をテーマに、様々な角度から論じます。
■テーマ「都心(みやこごころ)
創造都市にとっての、魅力ある都心(みやこごころ)とは、どのようであるべきかを、各界のゲストスピーカーと地元コーディネーターが議論します。第2部では、金沢の東茶屋街の6会場を実験的に議論のステージとして活用し、ゲストとコーディネーターが、さらに深い議論を交わします。
■日時・場所
平成13年2月22日(木)13時〜20時30分
平成13年2月23日(金)10時〜12時
■第1会場:石川県地場産業振興センター新館・コンベンションホール
■第2会場:東茶屋街 ※第2会場はチケット制(お弁当付き)
■パネリスト
国内の様々なジャンルからゲストをお迎えし、第1日目は、超領域的な視点から各自が自由に都心についての議論を展開し、2日目は、金沢都市創造会議(略称 金沢ラウンド)開催にむけての可能性と意義についてディスカッションします。
●パネリスト
伊藤光男(株式会社黒壁常務取締役)
竹村真一(東北芸術工科大学助教授)
米沢 寛(社団法人金沢経済同友会理事)
市村次夫(株式会社桝一市村酒造場代表取締役)
川勝平太(国際日本文化研究センター教授)
小林忠雄(東京家政学院大学教授)
松岡正剛(編集工学研究所所長)
山口裕美(アートプロデューサー)
米井裕一
(社団法人金沢青年会議所1999年度理事長)

●モデレーター
水野一郎(金沢工業大学教授)
金森千榮子(メディアプロデューサー)
大内 浩(芝浦工業大学教授)
佐々木雅幸(立命館大学教授)
■プログラム
2月22日(木)
■第1会場
13時/ 開会式・プレゼンテーション
14時45分/分科会第1部
●セッション1 
  テーマ「都心で実験してみたいこと」
  パネリスト:伊藤光男、竹村真一、米沢 寛
  モデレーター:金森千榮子
●セッション2
  テーマ「これから議論すべきテーマは何か」    パネリスト:市村次夫、川勝平太、小林忠雄
  モデレーター:大内 浩
●セッション3
  テーマ「創造都市とは何か」
 パネリスト:松岡正剛、山口裕美、米井裕一
 モデレーター:佐々木雅幸
17時/移動


■第2会場

18時30分/分科会第2部
●セッション1 (山とみ)
 伊藤光男、竹村真一、モデレーター:金森千榮子
●セッション2(八しげ)
 市村次夫、川勝平太、小林忠雄、
  モデレーター:大内 浩
●セッション3(中むら)
 松岡正剛、山口裕美、米井裕一、
 モデレーター:佐々木雅幸

20時30分/終了
2月23日(金)
■第1会場
10時/全体会議
   「金沢ラウンド開催にむけて」

チェアパーソン:水野一郎
  パネリスト:伊藤光男
        竹村真一
        米沢 寛
        市村次夫
        川勝平太
        小林忠雄
        松岡正剛
        山口裕美
        米井裕一
 モデレーター:金森千榮子
        佐々木雅幸
        大内 浩

12時/閉会式
金沢ラウンド誕生について
パネリストプロフィール
モデレータープロフィール
開会あいさつ
福光松太郎

プレゼンテーション
 水野一郎
 伊藤光男
 竹村真一
 米沢 寛
 金森千榮子
 市村次夫
 川勝平太
 小林忠雄
 大内 浩
 松岡正剛
 山口裕美  
 米井裕一
 佐々木雅幸

●セッション1
都心で実験してみたいこと
●セッション2
これから議論すべきテーマは何か
●セッション3
創造都市とは何か
 
全体会議のまとめ
 
委員長総括
実行準備委員会
|  金沢経済同友会トップページ   >  金沢ラウンドトップページ  |